集合住宅

2011年07月30日

オープンバウスに行ってきた@清澄白河

江東区の清澄白河で、谷内田章夫さん設計の集合住宅を見てきました。
オープンハウスに行くときは一人で行くことが多いのだけど、
今回は見学現場の近くに住む叔父と叔母といってきました。

というのも叔父は同じような賃貸住宅を計画していたけど、
土地のサイズがいまいち小さいということで、中止になっていたので、
参考になるし、近所出しどうかなと思って叔父たちを誘いました。

まずは叔父たちとお蕎麦をいただきました。
そこに新婚の従兄弟夫婦も合流し、
親戚が集まったということで
「潤くんはいつ結婚するの?」などの誘導尋問攻撃を浴びました。
攻撃を回避後、見学開始の13時に現地へ。


天井の高さが4mくらいあって、一部2層の空間です。
天井が高くて気持ちいいし、上層の寝床っぽいスペースも楽しい感じ。
天井が高いと、普通は下層に浴室やトイレで、
その上に寝床を作ることが多いけど、
逆に上層に浴室があって、
下層が物置のようなスペースになっているのが面白い。
確実に子供は楽しいし、遊べるし、喜ぶはず。
キッチンはメインのスペースにオープンに面していたけど、
こういったSOHO的な部屋なら、
奥まった場所にあってもイイかなと思いました。

帰り際に資料をいただこうとしていたら、
谷内田先生本人がいらっしゃいました。
以前学生の時にお会いしたことがあるのだけど、
独立してからは初めてなので、名刺交換させていただきました。
相変わらずやさしそうな柔らかい雰囲気でした。

nonconcept at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月13日

集合住宅のリフォーム

集合住宅のリフォーム工事です。
給湯器の交換や壁紙の張り替えなど、
中川事務所から職人さんたちを手配しており、
設計事務所というよりも、工務店の業務ですね。
特にデザインしようとしなくても、
自然と綺麗にすっきりしていくので面白い。
設計事務所が工務店(の真似事?)をやるとこういうことになるのかなと。

DSCF3273

一般に給湯器は10年から15年くらいで交換するのが良いようです。
15年以上も持つけど、性能は劣化するみたいですね。

中川事務所では、通常の設計管理業務のほかに、
今回のような簡単なリフォーム工事の請負もしています。
工事の時は熟練のスタッフが現場監督で活躍してくれています。

nonconcept at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月22日

東長崎の集合住宅

親戚の方の物件で、集合住宅を建てるという話です。
敷地は西武池袋線の東長崎の駅から歩いて数分の場所。
この長崎というエリアは何がすごいって商店街がすごい。
美味そうなお総菜屋さんとか、魚屋とか楽しくなってきます。
あと僕の地元の市川市の八幡や菅野に負けないくらい道が狭い。

で、楽しいので敷地をチェックすることがおろそかになりそうで、
ていうか、だいたい敷地そのものよりも街自体に興味が行くという
相変わらずの傾向があるわけで、その対策として、
デジカメで写真を撮るということが大事だったりします。
(でも実際、敷地の大きさを実測し忘れてた。)

クライアントの親戚の方から説明や概要を伺い、
敷地のチェックも終わり、クライアントの方より
お昼をごちそうして頂きました。
0129DSCF2936
牛すじうどんという、初めてのメニュー。
うまいっす。
てか、酒飲みたくなりました。
蕎麦さんだけでもうまいのに、牛すじ先輩まで参加されるなんて。。。
日本酒か焼酎ですね。
鴨南蛮でお酒を飲みたくなる感じに近いかなと。

nonconcept at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月20日

打ち合わせx2 墨田区役所から石和温泉へ

2009年というのは、暇な年になるのかと思っていたのです。
トルコにでも放浪しようかと考えていました。
何故だか「土の建築」が見たくて、
トルコの他、アフリカのマリなど考えていました。

と、妄想していたのもいつしか、
年末に墨田区の集合住宅のプロジェクトが入り、
ブログで報告できない間にも着々と進んでいました。
墨田区というのは東京都であって、
東京都の建築安全条例というものと、
墨田区の集合住宅条例という2つがかかってきています。

この建築安全条例というのがなかなか厳しくて、
設計者泣かせであり、個人的には安全というよりかは危険です。
危険というのは、建築基準法だけを遵守して設計しても、
建築安全条例的にはアウト!となりかねないので、
とても慎重に設計を進めております。

で、今日も設計の過程で、「建物の主要な出入り口」という
建築安全条例の項目で、質問したいことがあったので、
資料や図面を用意して、墨田区役所に行ってきました。

区役所に着いたのが、12時ころでしたが、
山梨の方で打ち合わせが3時でしたので急いで質問して、
首都高速に駒形インターから入って、山梨を目指しました。
時間があったら有名な駒形どぜう、食べたかったです。

山梨の週末住宅の見学会が、
3月14日(土)、15日(日)に決まりました。
10時から17時くらいの間、見学が出来ます。

で、今日の仕事は週末住宅ではなくて、
某企業のショールームを作るという新たなお仕事です。

DSCF6478-2

新築ではなくて改築で、だだっ広い倉庫の中に、
ショールーム用のチューブを挿入するという提案です。
倉庫のリノベーションですね。
一般の方にとっては、少々過激な案かなとも思いましたが、
自分としては最善と思われる案でした。

詳しくは今の段階では発表できないので、
またこれも正式に決まれば、ご報告するとして、
考えてみたら、建築士事務所の更新手続きも月末までにしないといけないし、
落ち着かない日が続いてます。
まあでもやっぱり建築っておもしろいです。



nonconcept at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)