船橋市

2016年11月19日

「ああ、いい人生だった!」と思ってもらえる看取り研修。

thumb__J004454_1024
「看取りケア」の社内研修を行いました。
「ああ、いい人生だった!」と思ってもらえる関わり方について、
株式会社エイジング・サポートの小川利久先生と
小林悦子先生にお話しいただきました。


thumb__J004452_1024
介護職員だけでなく、厨房や事務の職員も受講し、
会社全体で看取りについて考える機会になりました。
そしてハッピーニューライフ東船橋の主治医の安西先生にも
お忙しい中ご参加いただきました。

_J004459
講義を受けて「看取り」とは亡くなる瞬間のケアではなく、
人が生ききるための支援であると、改めて思いました。
「看取りは点ではなく、線なのですね!」という職員の声も多く聞かれました。
今回社内の半数近い職員の参加があり、
今後も利用者の方、入居者の方が最後まで楽しく長生きしていただけるような
ケアを行っていきたいと思います。

それにしても、集合写真に写ってしまっているお茶のボトルが気になります。
画像処理ソフトで消そうかな。



nonconcept at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月11日

シャンソンとクレソン 〜ムッシュへ哀悼を込めて

ハッピーニューライフ東船橋に入居されていたY様の
お通夜に参列してきました。
娘様に了承を得たので、少しお話ししたいと思います。

Y様はシャンソンが好きで、
みんなから「ムッシュ」と呼ばれていました。
ヘルパーや入居者さんからだけでなく、
ほかの入居者のご家族からもムッシュと呼ばれるくらい、
みんなにムッシュと呼ばれていました。
僕もブログの中ではムッシュと呼ばせていただこうと思います。

ムッシュはとても紳士的でやさしい、
怒った姿が想像できないような穏やかな入居者さんでした。
入居される前に奥様を亡くされ、
とても落ち込まれているころのご入居でした。

ムッシュは現役時代はエンジニアだったのですが、
お持ちのラジオを(音が良くなるからと)分解したり、
ラジオのコードを切ってしまい娘様とヘルパーが
ムッシュに頼まれたケーブルを買いに行ったりと
ムッシュなりにホームでの生活を楽しんでくださって
いたのではと思います。

ご家族のお話によると、
老人ホームやデイサービスなどには絶対にいかないような、
頑固な方だったそうなのですが、
ハッピーニューライフに入居されたときから
とても穏やかで、むしろ社交的な方に思いました。

そんなムッシュの暖かい気持ちを、
ハッピーのスタッフたちも感じ取っており、
できるだけムッシュの気持ちに寄り添うようなケアを
心がけていたと思います。

blog-IMG_0218 (1)
あるとき、食事の付け合わせで、クレソンが出されました。
(写真は参考画像です。ハッピーニューライフ東船橋の食事です。)
ムッシュはクレソンを召し上がらずに、
部屋で育てたいとおっしゃっりました。
私たちのホームには入居者さんには出来るだけ自由にわがままに
暮らしていただくという哲学がありますので、
ヘルパーはごく当たり前のこととして、
お皿に水をくんできて、
部屋の日当たりの良さそうなところに置いて
毎日愛でていたようです。
そのようなエピソードからもムッシュの
穏やかで暖かい日々が想像されるのではと思います。

このエピソードは自分も知らなかったのですが、
毎年行われる家族懇談会で娘様がお話ししてくださって
僕らも知ることになりました。

ムッシュは2ヶ月くらい前から体調を崩され、
船橋市内の入院されていました。
いわゆる看取りですと、それ以上の治療行為がないので、
人生の最後をホームに戻ってきて迎えるということも
出来るのですが、あくまでも治療をされていましたので、
私たちはムッシュの回復と帰宅(ホームへのお戻り)を
祈っていました。

blog-DSC03740
写真は入院中のムッシュにヘルパーや厨房のスタッフが
送った色紙です。
僕はこの色紙の存在はお通夜で、
ムッシュの棺に入れてもらっているのを見るまで
知りませんでした。
色紙はあくまでも職員たちの自主的なもので
もちろん会社が指示したものではありません。
bog-DSC03739
この色紙を見たときに、
あらためてムッシュへのみんなの愛情を感じました。
ムッシュご本人も喜んでくださったこと、
病院内でこの色紙が素敵だと看護師さんのあいだで話題に
なっていたことを娘様から伺いました。

ムッシュは治療のほかに、リハビリもされて、
回復にむかって頑張っておられました。
しかし、本当に急なことでしたが、
発熱をされ、晩秋の朝早くに旅立たれました。

この旅立ちの知らせを受けたのは、
自分が会社の事務所にいるときでした。
なくなられた当日、
病院から葬儀場へムッシュが娘様が向かわれる途中に、
ご自宅とハッピーニューライフ東船橋に
寄ってくださったのです。

実はムッシュは入院された当初から、
「ハッピーに戻りたい。」と
おっしゃっていたそうで、
娘様はムッシュが亡くなられた後でも
ハッピーに戻してあげたいというお気持ちで
寄ってくださったのです。

僕たちはそんなムッシュや娘様のお気持ちに
嬉しくて感動しただけでなく、
介護という仕事の重みのようなものを感じました。

毎年元旦にとびっきりのお酒を用意して、
入居者さんに召し上がっていただいております。
もしかして、もしかしてですが、
このお酒が人生最後になる方もいるかもしれないと思い、
一生懸命おいしい日本酒を手に入れて召し上がっていただいております。
僕たちは一期一会のような気持ちでホームを運営しています。

日本酒がお好きだったというムッシュのお通夜の会場には、
元旦に召し上がっていただいた日本酒と同じ銘柄の
日本酒が備えられていました。

ムッシュの告別式の日は、
ハッピーニューライフ東船橋では
朝から館内のBGMはシャンソンが流され
みんなでムッシュのことをお悔やみしました。



nonconcept at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月29日

船橋市と習志野市のメール配信サービス

市川市だけでなく、近隣の市にも計画停電についての
メール配信サービスがありました。
オススメですので是非市町村のホームページの負荷を下げるためにも
ご登録にご協力下さい。

◇市川市 市川市メール情報サービス
まずは、info@city.ichikawa.chiba.jpに空メールを送信
次に、返信メールに記載されているURLをクリックして登録

◇船橋市 ふなばし安全・安心メール 
ふなばし災害情報
funa.saigai@mpme.jpに空メールを送信

◇習志野市 
https://service.sugumail.com/narashino/にアクセスして登録

今日はこれから、いちかわTMO講座、
いちかわタウンマネジメントオフィサーの講座の
修了式です。
仙台にいる祖母のお葬式などで欠席もあったものの、
なんとか卒業出来ました。
修了証書は市川市長から授与されるそうなので、
どんな人か会ってきます。
顔とかは知ってますよ、大久保市長さんの。

nonconcept at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月19日

不動産屋さんと一緒に。

0119DSCF2925
不動産屋さんと土地を見に行くというのはたまにあります。
今回は、この敷地に老人ホームを建てられないかという話で、
どれくらいの広さの建物が建って、料金がどれくらいで、
どのようなサービスを併設するといいか?(デイサービスとか)
ということを検討し、提案したりします。
建築の計画だけでなく、
介護事業の方の市場やニーズ、法規を把握していること、
試算が出せるところなどが中川事務所の強みです。

nonconcept at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月23日

老人ホームの改修

4月下旬、老人ホームの改修工事を行いました。
ハッピーニューライフ東船橋という老人ホームで、
実はうちの母親が経営する高齢者施設の一つです。
このハッピーニューライフ東船橋は、色々な大学の教授や学生の方々、
ブラジルやネパールからの留学生さんたちも見学に来る人気の施設です。

今回の改修工事は、主に床の張り替えなどでしたが、
現在居住中の老人ホームのリフォームということで、
工事の段取りの手配など慎重に行いました。

DSCF6639
普段は予備になっている食堂に材料を置いています。
今回の床材は強くて抗菌性があり、継ぎ目を溶接するという
特殊な、そしてとても重い!素材でした。
業者の方からは東リは仕切り値が高いので、
他のメーカーのモノをすすめられることが多いですが、
やはり東リのデザインと品質の良さは譲れないところです。

DSCF6643
そんななか食堂の床の張り替えの時が一番大変でした。
予定では、材料のおいてある食堂の方で2回に分けて、
入居されている方たちに昼食を取っていただくはずだったのですが、
お天気が素晴らしく良かったので、
なんと!玄関先で御食事を取られていました。

DSCF6641ブログ
気持ちよさそうです。
奥には大工さんの作業する姿がみえますよね?
ちなみにこの日、僕はといえば、内装屋さんと一緒に、
中華丼を食べに行きました。
しゃしんはとりわすれました。


nonconcept at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月25日

建築士事務所の更新

中川潤一建築事務所は、平成16年3月にスタートしています。
設計事務所は5年ごとに更新手続きが必要になります。

うちの場合は平成21年3月まで事務所登録は有効ですが、
更新手続きはその1ヶ月前までなので、
2月末までです。

今日はその手続きを行いに、千葉県の葛南地域整備センターへ書類を提出してきました。
千葉県の中でも、市川市、船橋市、浦安市は、こちらに提出します。
今日は25日ですので、ぎりぎり間に合わせた感じです。

ちなみに、一般には、「設計事務所」という言い方をしますが、
行政的には、「建築士事務所」といいます。

さらに豆知識。
建築士の試験に合格しても、建築士事務所の登録をしないと
建築設計や工事監理を生業としてはいけないことになっています。

nonconcept at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月18日

建築もお洒落は足下から

みなさん、お元気ですか?
僕はこの半月ほど風邪でダウンしておりました
まだ咳が少し出るので、完治はしておらず、
夜の街に出歩くことなく(厳密には出歩くことは少なく)
昼間仕事をしている以外は自宅でおとなしくしていました。

DSCF6279
それで山梨の週末住宅の方は、すっかり建築工事が終わっております。
11月の24日に植栽をうえたら、すべての行程が終了です。
コレは1階リビングの写真です。
写真ですと床がかなり黄色く見えますが、実際はもう少し白っぽいです。
住宅の真ん中に吹き向けがあって、階段があってというのは、
松戸市のS-Houseとなにげに同じ構成です。

DSCF6284
これは、建物外部のバックヤード部分の囲いです。
鉄骨屋さんに頼んで、オリジナルで作成してもらっています。
中川事務所の設計の特徴の一つは、
いわゆる「作り物が多い」ということです。
逆に言えば、既製品の囲いとか建具を使うことはほぼ無いです。
それはどうしても美しいモノ、建物にふさわしいモノを考えたときに、
一から作るという作業を選択することになります。

DSCF6287
建物のバックヤードというのは、エアコンの室外機とか、給湯器とかを
まとめてしまっておくスペースです。
最終的な外環の姿はもう少し待っていただくことになりますが、
このバックヤードに設備機器を格納することによって、
建築の佇まいがスッキリします。
お洒落は足下からとか言いますもんね。


nonconcept at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月31日

芝山のアトリエ 第2期工事「ほぼ」完了

「芝山のアトリエ」の第2期工事がほぼ完了しました。
ほぼ、というのは、2,3点ほど修理というか調整などがあるけれども、
工事全体としては終了していて、クリーニングも終わった、の意です。

DSC_0115
アトリエ兼ギャラリーです。
これ分かるかな?
建具の後ろは収納棚になっていて、
建具の上部にはピクチャーレールが埋め込んであります。
ギャラリー的に使うモードでは、建具を写真のように全部閉めて、
アトリエモードとか、他のモードの時には建具を開けて使います。

改修前、ここは床の間のある本格的な和室でした。
今は、跡形もなくギャラリーのようになっています。
クライアントの息子さんである泉東臣画伯の作品が
展示されている状態を早く拝見したいです。

DSC_0098
今回のリノベーション(改修)では、
洗面所や、

DSC_0103
トイレも新しくなっています。

DSC_0107
中川事務所では、このようにカウンターなどは、
既製品をはめ込むのではなく、デュポンコーリアンという人工大理石をデザインし、特注で作ってもらっています。
ですので、改修であっても、建築と設備器具のあいだに隙間とか無く、
カウンターとして美しく納まってくれます。

DSC_0123
スパ(浴室)の入り口と廊下との関係が分かる写真。

DSC_0127
なんと言っても、この森に面したスパ的なお風呂は気持ちいいです。
この芝山という場所は、船橋市にあるのですが、
同じ船橋市でも、僕の事務所の辺りと比べものにならないくらいの
自然が広がっています。
実際に、網戸を開けていると、
いろいろな生き物が侵入してくるそうです。

8月か9月にお披露目会を開催されるということですので、
その時は画伯の作品と一緒にご紹介できればと思います。

明日は、山梨の週末住宅の現場です。
工務店から、お客様への引き渡しです。
高速道路、混んでるのでしょうか。
早く寝ます。



nonconcept at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月20日

ユニットバスで諦めていませんか?

タイル屋さんに聞くところによると、
ここ10年くらいの傾向として、
一戸建てでもマンションでもユニットバスの施工が多いそうです。

昔ながらというか、ユニットではなくて、
壁や床を作っていく施工方法を「在来」と言いますが、
この「在来」の浴室がとても少なくなってきていると言うんです。

その理由は、ユニットバスの方が施工するのに無難で、
設計者や施工者にとってリスクが少ないからです。
しかし住まい手、クライアントにとってユニットバスが
最適な空間になるとは限りません。
ユニットバスでは、イヤだ、わたしの心は満たされない!という方は、
ぜひ「在来」のやり方で、建築を作っていただきたいです。
ユニットバスを設置するというのは、
建築を「作る」というよりかは、
カタログショッピングで「選ぶ」という感じです。
物作りという意味では寂しくなります。


「芝山のアトリエ」の浴室はわゆる「在来」です。
ほぼ完成してきました。
これは工事中の写真↓
DSCF6134


これが、ほぼ完成した写真↓
DSC_0075
ガラスタイルは光に乱反射して独特の風合いを見せます。
クライアントの方々が一人一人違うように、
その建築空間も一つ一つ違っていてほしいな、と、
一つ一つ違う方向に乱反射するガラスタイルを見ながら思いました。


nonconcept at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月01日

工事監理と渓谷と私

DSCF6010
山梨の週末住宅の工事は大詰めです。
外装工事の直前という時期。

DSCF6148
内装はだいぶ終わってきています。
写真は、2階のアネックス部分のもの。
この住宅はメインの棟とサブのとうに分かれていて、
2階部分でつながっています。←アネックス部分。

つながっていると言えば、道路ですね。←無理矢理。
マイカー規制があるので、途中でバスに乗り換えて、
ある渓谷に行ってみました。

DSCF6152
山梨から少し足を伸ばして上高地へ。
考えてみれば6月は全然休めずに仕事をしていたな。


DSCF6154
空気が美味しいと、頭も身体もスッキリします。
川の水がホントに綺麗で、疲れすぎてあの世に来たんじゃないかと。
ていうか、あの世でもイイんじゃないかと。

DSCF6163
河童橋から、明神池まで散策。
やんわりと山道だったりするので、
足下には注意しながらも、まったりと風景に見とれます。

DSCF6168
とはいうものの、やはり建築のことをいつも考えてしまうのです。
上高地のような国立公園の中では、
建築物のデザインに規制があります。
何だと思いますか?

DSCF6169
屋根なんです。
国立公園内の屋根は、原則、切妻屋根という屋根なんです。
切妻というのはシンプルな山型の三角屋根のことです。
何気に怖いくらい、こういう公園内の建物は切妻ですからね。
容赦なく切妻ですからね。

尾瀬とか阿蘇とかいろんな国立公園があるかと思いますが、
ぜひチェックしてほしいです。
個人的には切妻でなくてもいいんじゃないかと思っております。




nonconcept at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)