建築家

2016年11月29日

印材の住宅の撮影。ランチをいただくの巻。

IMG_2873
最近建築の話をしてませんでしたが、
今日は建築の話です。

今日は朝から「印西の住宅」の写真撮影に行ってきました。
写真家の鳥村鋼一さんにお願いして、
植栽などが完成した外観を撮影してもらいました。
家具が入った内観も撮影させていただき、
画家である泉春臣さんの絵も飾られ、しっとりとした空間になっていました。
鳥村さんに撮ってもらった写真は後日UP予定です。
年内に間に合うかな?
IMG_2866 (2)
リビングの屋根裏にはお皿や古時計が置かれていました。
センス良すぎです。


IMG_2884 (1)
そして思いがけず、奥さま(I・Y先生)の手料理登場!
ご馳走になってしまいました!
鳥村さんが俯瞰で撮ってみたら?というので、
食事を俯瞰で撮ってみました。

IMG_2880
とってもおいしい食事を、
とっても美しい風景を見ながら、
とっても素敵な方たちといただくことが出来ました。
ゆったりとした時間を過ごし、優雅な一日となりました!

nonconcept at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月02日

印西の住宅 オープンハウスのお知らせ

thumb_IMG_2008_印西オープンハウス用
このたび千葉県印西市に「印西の住宅」が竣工いたしました。
ギャラリー兼リビングを持つ住宅で、
「ギャラリーに住む」ということをテーマにした住宅です。

このたびクライアントのご厚意により、
オープンハウスを開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
ご多忙中とは存じますが皆様にご覧頂きご感想を頂ければと思います。

日時:5月5日(祝) 10:00〜17:00
   5月6日(金) 10:00〜17:00

thumb_DSC_0141_印西オープンハウス用

敷地の場所につきましては弊社047-333-5014までお問い合わせ下さい。
メールの場合はこちらからお問い合わせ下さい。

nonconcept at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月15日

印西の住宅 いよいよ竣工です。

thumb_IMG_1892_1024
印西の住宅、紆余曲折しましたが、
GW明けに竣工の見込みとなりました。
最初はコンクリート造で計画していましたが、
コストが予算オーバーとなり、
木造で設計し直したりしてかなり時間がかかってしまいました。
そして昨年、有限会社中川潤一建築設計事務所と
有限会社老人介護情報センターを一緒にして、
自分が代表というか社長になってからは毎日とても忙しく、
更新も出来ていませんでした。
まだ施工中ですが、経過報告ということで写真をいくつかアップします。

thumb_IMG_1942_1024
施主のI先生、2階リビングから景色を眺めるの図。
thumb_IMG_1950_1024
2階リビングの壁は黒く塗装しました。
天井がどうなっているかは、またのお楽しみで。
thumb_IMG_1944_1024
今回、2階のトイレの壁を施主のI先生ご夫婦が施工されました。
thumb_IMG_1946_1024
こちらもどう仕上がったかは竣工写真をお待ちください。
オープンハウスも4月末か、5月初めに開催させていただける予定です。
詳しくはまたお知らせします。

nonconcept at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月04日

H-Houseの竣工写真です。

20141204H-House

12月にもなると新会社になってからの沢山の事務手続きも
大分落ち着いてきました。
そんな中、夏に竣工したH-Houseという住宅の竣工写真が
出来上がってきました。
個人住宅ですので詳しくはお伝えできませんが、
インテリアには石なども使い、
とてもしっとりとした空間になっております。
みなさまにはご覧頂けないので残念ですが、
次作の印西の住宅は見学会も予定していますので、
皆様のご参加をお待ちしております。

nonconcept at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月03日

「健康・省エネシンポジウムinちば」にパネリストとして参加してきました。

Blog201412CIMG1597
2014年11月12日千葉市民会館で行われた「健康・省エネシンポジウムinちば」でパネリストとして参加してきました。1番右に座っているのが僕です。
シンポジウムのコーディデーターを務められた、健康省エネ住宅を推進する国民会議議長の上原裕之先生は、歯科医師であると共に、建築関係者であれば誰もが知っている『シックハウス』という言葉を作られたかたです。ご存じのように今では住宅の24時間換気の法制度まで作られています。

パネリストには長年建築の断熱材の研究に携われておられる(独)建築研究所の理事長、坂本雄三先生や、住宅の断熱性能と居住者の健康について研究されている慶応大学の伊香賀俊治先生、公衆衛生学がご専門の諏訪園靖先生が招かれておりました。

主にこれからの住宅に求められる性能について議論が行われ、僕からは地域に根ざした建築のあり方、断熱性能のあり方があるのではないかとコメントさせて頂きました。また老人ホームなどを運営する立場から、高齢者が居住環境によって長生きできたり、そうでない場合があるというお話しもさせて頂きました。
これからは、地域の建築士や工務店や技術者達がその性能の確保のために、研究者や医療関係者達と協働し知識や技術を身につけていかなければいけないと思いました。
今回のシンポジウムは活動の第一歩です。
これからも健康な住まいのあり方について模索していきたいと思います。


nonconcept at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月21日

株式会社かいごデザインの代表になりました。

中川潤一は有限会社中川潤一建築設計事務所の代表から、
株式会社かいごデザインの代表に変わりました。

このたび、有限会社中川潤一建築設計事務所は、
株式会社かいごデザイン(旧社名:有限会社老人介護情報センター)と合併され
代表取締役として中川潤一が就任することとなりました。

新会社では、訪問介護や老人ホームなどの介護サービスを提供させて頂くと共に、
超高齢社会の中での新しい建築の創造といった活動に邁進していく所存です。
今後とも変わらぬご厚誼とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、ブログのアドレスが
http://blog.happynew.jp へ変わりました。


nonconcept at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月08日

印西の住宅、照明計画。

印西の住宅 20131107照明計画1階

印西の住宅の照明計画です。
お施主様も、見学したい!って待ってくれている方たちにもお待たせしている物件です。
お待たせしてすいません。
設計は大分大詰めです。
オレンジやブルーの色のついたモノが照明による光のイメージです。

この住宅は図面左側の方にある森森の風景を切り取るために
X方向にしか壁のない特殊な形式となっています。
また、日本画家である息子さんの絵を展示するギャラリーとしても機能するために、
リビングスペースの壁面はピクチャーレールが設置されて、
展示スペースも兼ねています。
おそらく図面だけではどんな建物かよく分からないと思います。

画像1

で、全体はこんなです。
1階部分はまたのお楽しみということで。
延べ床25坪くらいの2階建てのコンクリート造です。
桜の咲く頃の竣工を目指しています。

nonconcept at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月09日

市川市の街づくり勉強会に参加してみた

大学の同級生のシゲ子さん(京都在住、建築家)から、
「今度、市川市の行徳ってとこに行くねん。」
と年賀状で知り、それは是非千葉を案内せな!ということに。
行徳というのは僕の住む市川市内のお寺の多い漁師町です。

まずはその行徳であるという、街作りの勉強会に参加。
同級生たちは、その勉強会で発表するらしい。
僕は参加といっても、飛び込みででの参加。(乱入か。)

改めて地元の歴史や問題点などを学ぶと同時に、
シゲ子さんたちの京町家の現状のレポートや、
既存不適格建築物の行政での扱われ方などの発表を聞く。
他の方と同感で、昭和25年に制定された建築基準法が、
現在の建築や都市にそぐわないものになっていると実感。

ブログDSCF2125

で、僕は2次会の懇親会には参加せず、
次の日、その時の発表にも出てきた千葉県の佐原をご案内。
こうやってみると、俺、佐原好きだし、よく行ってるなあ。

例のごとく、昼食は山田の「じか重」。
じか重、このブログを読んで下さっている方なら分かりますね?
時価重じゃなくて、直重の意。

ブログDSCF2123

関西出身、京都在住の友人からみると、
僕の住んでいる市川市の八幡あたりは、
大阪でいうと豊中市に似ていて、
今回の佐原は、滋賀県の近江八幡に似ているそうだ。
両方知っている方、そうなんでしょうか。

同級生たちの東京組(千葉とか神奈川とかも)の活動状況と、
京都組(兵庫と大阪も)の活動状況を情報交換し、
同級生たちが皆頑張っていると感じました。
俺も頑張らなくては。




nonconcept at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月07日

日経アーキテクチャーの取材

1976年生まれの中川ですが、
その世代の建築家たちを取材されているということで、
日経アーキテクチャーさんが取材に見えました。

若手の設計者、建築家として、今の建築業界についての意見や、
僕が感じ始めている現在の「設計事務所」というカタチの違和感(時代遅れ感)
などいくつかお話しさせていただきました。

記者の方からは、
僕以外の同世代の建築家たちがどういう事を考えているのかとか、
興味深い客観的な話が聞けて楽しかったです

話した内容は掲載されるかどうかは知りませんが、
掲載号が分かり次第ブログでお知らせしたいと思います。



nonconcept at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月30日

ゆっくりした空間、美味しい時間。

DSCF6648
前々から一度訪れたいと思っていたカワカミさんのお宅に
遊びに行ってきました。
カワカミさんというのは、僕がいつもお世話になっている、
アスカ建築の現場監督さん、カワカミさんです。
カワカミさんのお仕事は、現場監督さんでもあり、
建築家でもあると日頃思っています。

今回は、芝山のアトリエのクラインアントである泉先生との訪問です。
ご自宅は2度ほど改修されているとのことでしたが、
さすが住宅のプロだけあって随所にアイデアやセンスの良さが
散りばめられており、インテリアの好みが一緒の泉先生は、
訪問中つねに感激してらっしゃいました。

DSCF6658
右手前:ブルーベリーとチーズとパイ生地の3重奏。
左手前:枕にしてお昼寝したいと思うくらいフカフカのシフォンケーキ。
奥:新春の風のような爽やかなゼリー。

ゆったりとした時間の流れる内部の様子の掲載は自粛しており、
お見せできないのが残念ですが、
このデザートプレート、すごくないですか?
カワカミさんの奥様手作りのケーキで、
素材の味が引き出されており、ホントに美味しかったです。


奥様はブログを始めたいとのことでしたので、
他にもきっと美味しくて素敵なデザートの数々があるはずです。
はやくブログも見てみたいですね。

カワカミ様、この度はありがとうございました。


nonconcept at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)