工事監理

2008年07月01日

工事監理と渓谷と私

DSCF6010
山梨の週末住宅の工事は大詰めです。
外装工事の直前という時期。

DSCF6148
内装はだいぶ終わってきています。
写真は、2階のアネックス部分のもの。
この住宅はメインの棟とサブのとうに分かれていて、
2階部分でつながっています。←アネックス部分。

つながっていると言えば、道路ですね。←無理矢理。
マイカー規制があるので、途中でバスに乗り換えて、
ある渓谷に行ってみました。

DSCF6152
山梨から少し足を伸ばして上高地へ。
考えてみれば6月は全然休めずに仕事をしていたな。


DSCF6154
空気が美味しいと、頭も身体もスッキリします。
川の水がホントに綺麗で、疲れすぎてあの世に来たんじゃないかと。
ていうか、あの世でもイイんじゃないかと。

DSCF6163
河童橋から、明神池まで散策。
やんわりと山道だったりするので、
足下には注意しながらも、まったりと風景に見とれます。

DSCF6168
とはいうものの、やはり建築のことをいつも考えてしまうのです。
上高地のような国立公園の中では、
建築物のデザインに規制があります。
何だと思いますか?

DSCF6169
屋根なんです。
国立公園内の屋根は、原則、切妻屋根という屋根なんです。
切妻というのはシンプルな山型の三角屋根のことです。
何気に怖いくらい、こういう公園内の建物は切妻ですからね。
容赦なく切妻ですからね。

尾瀬とか阿蘇とかいろんな国立公園があるかと思いますが、
ぜひチェックしてほしいです。
個人的には切妻でなくてもいいんじゃないかと思っております。




nonconcept at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月15日

工事監理して白骨温泉へ

2008051507
山梨の週末住宅は外壁工事が進行中です。
害平気の下地がほぼ貼り終わったところです。
S-Houseでは外壁の下地はモルタルでしたが、
今回は予算のバランスや山梨の猛暑を考慮して、
サイディングが下地です。

2008051506
内装工事では、床材が貼られていきます。
フィンランド産のパイン材、無垢、厚さ20ミリ。
無塗装の床材を購入し、施工後に、ウレタン塗装します。
こうすることで、加工品を買うよりも色の調整が出来たり、
コストを下げられる場合もあります。
今回の工事監理はさくっと終わりまして、
買い物&白骨温泉へと向かったのでありました。


2008051508
山梨周辺では、
「週末は山梨にいます」というのぼりをよく見かけます。
東京や千葉にいても、駅で見かけますよね。
僕の場合、
「週末は工事監理をした後、小淵沢で買い物して、白骨温泉にいました。」
という長すぎるコピーになります。
てか、長すぎるとか言う以前に、山梨から出ちゃってるし。
白骨温泉は、上高地の手前というか、長野県と富山県の境あたりです。

2008051502
ここは、山梨県にある小淵沢にあるリゾナーレというリゾートホテルですが、
ここはお店が楽しいんです。
チーズケーキの美味しい店とか有名です。
中央道のインターから5分くらいだし、オススメですよ。

2008051503
ちょうど母の日も近かったので、
手提げバッグをプレゼントしようと思い、寄ってみました。
フィンランドの生地を使ったトートバッグの品揃えが充実していて、
僕も一つ使っています。
打ち合わせに行くときの書類を入れたりしてます。
以前プレゼントしたときも母からも好評でした。
(それってまた買ってきなさいよの意味と解釈していた。)

2008051501
このホテル全体のデザインはマリオ・ベリーニというイタリアの人なんだけど、
教会とかの最近出来ている建築は日本で活躍している建築家、
クラインダイサムアーキテクツによるものです。
この、カパっと開いたり閉まったりする教会も是非見ておいて欲しい。
夜はスパンコールみたいな穴のところが☆のように光るんですよ。
週末の夜はこの教会でコンサートもしています。
これこそ、「週末は山梨にいます。」って感じですよ。

2008051505
で、さらに白骨温泉まで2時間ほど移動し、某宿へ。
通好みと勝手に思っている、ぬる〜い炭酸の温泉に入って、

2008051504
松本では「あさだ」さんで十割蕎麦食べて、帰ってきました。
蕎麦を食べてこんなに余韻が残るなんて。。。という経験が出来ます。
あさださんのご主人は元ホテルマンという経歴の方です。
いつも美味しい材料(そば粉)を探求している姿は、
建築の設計にも通じるところがあって胸が打たれます。
お店は松本市民芸術館のすぐ裏です。


nonconcept at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)