哲学の道

2010年10月17日

京町家・古家改修実践講座に参加しています 第2回目 その2

研修の翌日。
まずは朝食。
宿から徒歩3分ほどで、イノダコーヒー本店へ。
DSCF2595

火事になる前の面影の残る中庭の見える風景。
DSCF2594

実施設計締め切り直前の市川の店舗のリフォームの
照明計画を考える。
リラックスしてると頭も柔らかくなってる気がします。
うちの事務所のある本八幡も喫茶店は多いけど、
やっぱし京都にはかなわない。

朝食後、秋の京都にて建築視察なり。
DSCF2618

今回は前から気になっていた内藤廣さん設計の
とらや、京都一条店です。
内藤先生は10年くらい前に京大に講演にいらっしゃった時に、
僕ら研究室の学生も高松伸先生や竹山聖先生のはからいで、
飲みに連れて行っていただいたことがあり、
間近で内藤先生の言説に触れられた事を覚えています。
また個人的に、建築の思想の面でも興味のある建築家です。
DSCF2628

中庭に面したテラス席にてお茶することに。
DSCF2648

普段仕事で疲れた(酒で疲れた?)内蔵に染み渡る、
抹茶グラッセでした。
わらび餅のセットでしたが、付け合わせの塩昆布がにくい。
建築的には、いわゆる和風モダンなのでしょう。
僕には、内部空間は少し明るすぎるのではないかという印象を
持ちましたが、それでも気持ちの良い、美しい建築です。
スケール感やディテール、素材感など教科書のような建築。
DSCF2668

とらやにてお茶して、おみやげを買ったら銀閣寺、哲学の道方面へ。
毎度、ふろうえんさんにて美味すぎる洋食を満喫後、
カロリー消費のためにも哲学の道から南禅寺まで散歩。
哲学の道は、なんと現在、植物の保護のために
一部歩行できない区間があります。
生物多様性会議の影響か?!
DSCF2672

哲学の道をあるいていたら、猫たちの会議に遭遇。
この写真の中にも猫が写っていますが、分かりますか?
馴染みすぎだよ、猫ちゃん。
DSCF2682

南禅寺の大門まで歩きました。
相変わらず壮大な存在感。
DSCF2684

南禅寺の中にある金地院を見学。
この庭は小堀遠州作。
亀石とかあります。
あと写真撮影不可でしたが、
八窓席という小堀遠州作の茶室が良かった!
光の差し具合、複数の窓によるリズム感、
曲り柱などによる非対称の美しさ等々。
また見に行きたい、そんな空間でした。

時間の関係で南禅寺脇にある、
琵琶湖疎水の煉瓦造りの橋は見なかったけど、
時間がある方は是非オススメのスポットです。

で、この後大学の同級生の設計した自邸、
清水寺近くのM邸を見に行きましたが、
ブログに載せてイイか聞いていないので、
許可が出たら掲載したいと思います。
Mさん、Mさんのお母さん、Mさんのご主人様、
美味しい晩ご飯ごちそうさまでした。

nonconcept at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月04日

ふろうえん。京都で洋食を食べるなら。

DSCF6343
京都。哲学の道。歩く。
お腹すく。
とくれば、美味しい洋食を食べましょう。

DSCF6337
僕は京都で洋食を食べるなら「ふろうえん」さんです。
□住所 京都市左京区浄土寺石橋町30-1
□定休日  火曜
□アクセス 市バス「銀閣寺道」下車徒歩3分
       
バス停から銀閣寺に行く途中、白川にぶつかったら右の方へ
十数歩歩けばふろうえんです。
逆に銀閣寺とか、哲学の道方面からアクセスするなら、
ちょうど交番の当たりで左折です。

DSCF6329
「ふろうえん」は、銀閣寺という観光スポットの近くにありながら、
ほとんど全てのお客さんが地元の常連という知る人ぞ知るお店。
黒光りするハンバーグ定食や、丁寧に作られたクリームコロッケなど、
ほんとうに美味しいです。
もう一回言いますけど、ほんとうにお い し い んです。
マヨネーズも手作りだし、今時こんなに手作りで、
しかも美味しい食材を使っている店は少ないと思います。

近くに住んでいた時は、毎月の月替わり定食も攻めていましたが、
今回は久しぶりということで、
牛焼き肉とエビフライ、クリームコロッケのついた、
「焼き肉セット」にしました。

DSCF6334
写真では見えませんが、お味噌汁はキャベツ入りです。
これも甘くて美味しい。
もし銀閣寺とか哲学の道方面に観光の際は、
下手に観光客目当てのご飯屋さんにはいるよりも、
地元の常連さんに愛されているコチラをオススメします。
間違いないっす。
追伸:哲学の道は、桜や紅葉の時期も良いですが、
   6月ころには疎水にホタルが見られます。


nonconcept at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)