介護

2017年09月20日

「介護リテラシー」研究報告書

kaigoliteracy
『介護リテラシー』とは、自分自身がどなたかを介護できる能力ではなく、
社会の介護サービスを使いこなす能力と定義しています。
私が作った造語です。
現在の介護保険制度や民間のサービスは複雑で、多様なものであり、
それらを把握し、使いこなす能力が重要だと考えています。

この度、「介護リテラシー」について、
千葉商科大学の平成28年度地域志向研究として
聞き取り調査を弊社職員で分担して行いました。
ヒアリングの際には弊社のご利用者様のご家族や
関係するケアマネジャーの方々、
地域の病院のソーシャルワーカーの方々など多くの方のご協力を得て
実施することが出来ました。

正確には『市川市における「介護リテラシー」に関する調査研究』というもので、
千葉商科大学の齋藤香里先生によって作成された論文です。
本研究では介護リテラシーとして身に着けるべき知識を明らかにすることを試みたものです。
是非ご覧下さい。

介護リテラシー」研究報告書">株式会社かいごデザイン 

nonconcept at 10:48|PermalinkComments(0)

2016年09月20日

キャリア介護システム、厚労省へ

thumb_IMG_2636_1024
キャリア介護研究会という研究会の会長をしております。
こちらの会には自分の他には介護福祉士、ITアーキテクト、
まちづくり会社・起業家育成、NPO代表、大学教授といった
多彩なメンバーが参加しています。

キャリア介護研究会では、介護者の労働環境の改善、
ヘルパーの高齢化の問題、高い離職率といった課題の解決や
より質の高い介護サービスを提供する具体策の実現を目指して、
様々な分野の専門家が集まり発足しました。

その成果の一つとして、介護事業所の情報化は進められているものの、
介護現場のケア内容の情報化が進んでいないことが明らかとなりました。
キャリア介護システムでは、
スマホを活用して、現場情報の可視化したり、
ヘルパーの活動履歴のクラウド上へ蓄積したりして、
働き甲斐やサービスの向上を図れるように目指しています。

この度、厚生労働省の老健局様にシステムの説明をする機会をいただきました。
自分は初めての厚労省の庁舎でした。
中小企業の自分にとってはセキュリティチェックとか新鮮です。
緊張感を持ってシステムの説明をしてまいりました。

thumb_IMG_2637_1024

キャリア介護システムの一番の特徴は、事業所ではなく、
ヘルパーの方の立場に立ったシステムだという事です。
ヘルパーが自分で自分の活動履歴をクラウドへ貯めていくので、
仮に事業所や会社を移っても、自分の履歴は手元に残るようになります。
自分のキャリアを証明する道具がキャリア介護システムです。
日々働いているヘルパーさんが、
その一つ一つのキャリアを大切にして欲しい!という思いを込めて、
「キャリア介護システム」と名付けました。

現在、厚生労働省さんの方でも介護記録のIT化やペーパーレス化に
取り組んでいるそうです。
今年度モデル事業の募集があるそうなので、
私たちキャリア介護研究会も応募したいと思っています。


nonconcept at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月16日

『介護リテラシー」とは

ラジオ20160816
一般にリテラシーとは、「識字」という意味の英単語で、
ある言語の文字による読み書き(書き言葉の読解、記述)ができる能力を言います。
大分一般的な言葉になってきたのではないでしょうか。

「メディアリテラシー」は、テレビや新聞などからの情報を適切に取捨選択し、
審議を見極めて活用する能力のことですし、
「ICTリテラシー」は、インターネットや携帯電話等のICTメディアを
使い個なる能力のことを言います。


さて私の地元、千葉県市川市でも平成28年になってから、
市内の高齢化率が20%を超えてきました。
21%を超えると超高齢社会となりますが、
日本全体での高齢化率はすでに30%近くにまでなっています。
私はこのような社会において「介護リテラシー」が必要だと考えています。

『介護リテラシー』とは、自分自身がどなたかを介護できる能力ではなく、
社会の介護サービスを使いこなす能力です。
現在の介護保険制度や民間のサービスは複雑で、多様なものであり、
それらを把握し、使いこなす能力が必要だと考えています。

私自身が介護事業所を運営してるなかで、
一般の方々に介護サービスや介護制度、そして介護そのもの
についてもっと知って欲しいと日頃から感じていました。
より知識や情報を得ることで、
その方らしい人生が全うできるのではないかと考えています。

この度、千葉商科大学様より、「介護リテラシー」というものを
より深めていくための研究について助成金を頂けることになりました。
介護サービスに係わる専門職の方、家族会後の経験者、民生委員、
行政の窓口の方など様々な方へのヒアリングを通して、
実践的な『介護リテラシー」というものを築いていければと考えています。





nonconcept at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月25日

『市川ライフステージ大学』のご案内

『高齢者の住まい』というテーマで全8回の講座の講師を務めることになりました。
千葉商科大学さんで開催される「市川ライフステージ大学」の1講座です。
img01

1級建築士であり、介護サービスの経営者として、
高齢者にとって快適な住まいや自宅で介護を受ける方法、
介護施設選びの方法などお話しする予定です。

12月10日(土)から2月24日(金)までが僕の講座の期間です。
一つの講座だけの部分履修も可能です。
授業では介護現場の最前線にいらっしゃる特別ゲストもお呼びする予定ですので、受講していただける方はお楽しみに。


【授業計画】
第1講 オリエンテーション:日本の住宅の変遷
   日本人の住まいについて歴史的に把握する。
第2講 高齢者にとっての理想の住まいとは
   高齢になったときに必要とされる住まいや諸条件について理解する。
第3講 介護保険の基礎を学ぶ
   多くの高齢者や、その家族に必要と思われる介護保険制度について
   理解する。
第4講 理想 住宅について:ワークショップ(実習1)
   自分にとっての理想の住まいとは何か具体的に考えてみる。
第5講 自宅で受けられる介護サービスについて
   介護保険や保険外制度のサービスについての最新の情報を得る。
第6講 高齢者施設 選び方(ゲスト講師予定)
   後悔しない終の棲家の選び方についてゲスト講師を招いて説明する。
第7講 これからの住まい方について考える:ワークショップ(実習2)
   自らの終の棲家のあり方について考察し、
   その準備をするための方策を講義する。

nonconcept at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月03日

高齢者住宅フェアのトークイベントに出演してきます。

7月14日、15日に『高齢者住宅フェア』がビッグサイトで開催されます。
高齢者住宅新聞社さんによる主催です。
こちらのフェアの1日目、
7月14日(火)15時30分〜16時20に
「経営者30人トークショー」というものが開催されます。
『2025年までの我が社の戦略』というテーマで、
経営者同士で話し合うというものです。
このたび出演依頼をいただきまして出演して参ります。

このトークイベントの他にも会場では在宅ケアやホスピス、
認知症カフェや看取りなど色々なテーマのセミナーも開催されています。
興味のある方は是非ご参加下さい。

少しずつですが自分の建築と介護を横断した活動が出来てきているので
これからも頑張っていきたいと思っています。
仕事ばかりで全然釣りに行けていないのが残念なところです。

nonconcept at 14:44|Permalink

2014年11月10日

「健康・省エネシンポジウムinちば」にパネリストとして参加します。

「健康・省エネシンポジウムinちば」に介護と建築の分野のパネリストとして参加します。
2014年11月12日千葉市民会館で15時より行われます。
健康と住宅の関係性から長寿社会を考えるというものです。
スマートウェルネス住宅について考えるというテーマです。
141017event01a
141017event01b


nonconcept at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月21日

株式会社かいごデザインの代表になりました。

中川潤一は有限会社中川潤一建築設計事務所の代表から、
株式会社かいごデザインの代表に変わりました。

このたび、有限会社中川潤一建築設計事務所は、
株式会社かいごデザイン(旧社名:有限会社老人介護情報センター)と合併され
代表取締役として中川潤一が就任することとなりました。

新会社では、訪問介護や老人ホームなどの介護サービスを提供させて頂くと共に、
超高齢社会の中での新しい建築の創造といった活動に邁進していく所存です。
今後とも変わらぬご厚誼とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、ブログのアドレスが
http://blog.happynew.jp へ変わりました。


nonconcept at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月19日

不動産屋さんと一緒に。

0119DSCF2925
不動産屋さんと土地を見に行くというのはたまにあります。
今回は、この敷地に老人ホームを建てられないかという話で、
どれくらいの広さの建物が建って、料金がどれくらいで、
どのようなサービスを併設するといいか?(デイサービスとか)
ということを検討し、提案したりします。
建築の計画だけでなく、
介護事業の方の市場やニーズ、法規を把握していること、
試算が出せるところなどが中川事務所の強みです。

nonconcept at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)