中川潤一

2017年09月20日

「介護リテラシー」研究報告書

kaigoliteracy
『介護リテラシー』とは、自分自身がどなたかを介護できる能力ではなく、
社会の介護サービスを使いこなす能力と定義しています。
私が作った造語です。
現在の介護保険制度や民間のサービスは複雑で、多様なものであり、
それらを把握し、使いこなす能力が重要だと考えています。

この度、「介護リテラシー」について、
千葉商科大学の平成28年度地域志向研究として
聞き取り調査を弊社職員で分担して行いました。
ヒアリングの際には弊社のご利用者様のご家族や
関係するケアマネジャーの方々、
地域の病院のソーシャルワーカーの方々など多くの方のご協力を得て
実施することが出来ました。

正確には『市川市における「介護リテラシー」に関する調査研究』というもので、
千葉商科大学の齋藤香里先生によって作成された論文です。
本研究では介護リテラシーとして身に着けるべき知識を明らかにすることを試みたものです。
是非ご覧下さい。

介護リテラシー」研究報告書">株式会社かいごデザイン 

nonconcept at 10:48|PermalinkComments(0)

2017年06月09日

市川ライフステージ大学のご案内

私の地元、千葉県市川市には、
千葉商科大学という主に経営者を育てるという目的の大学があります。
そして千葉商科大学では、
市川ライフステージ大学という社会人向けの大学が昨年より始まっています。
学校教育法に基づき「履修証明書」が交付されるので、
履歴書にも書ける資格なんだそうです。
http://www.cuc.ac.jp/social_contribution/news/2016/i8qio0000002stpj.html
43

実は僕も昨年から「高齢者の住まい 講座(自宅から施設まで)」という
講座を受け持っていて、今日の夕方からの授業に備えて準備中です。
1日でも自宅での生活を続けるための建築的な工夫や在宅サービス、
そして最終的に施設を利用することになったときの選び方までをお話しする
実践的な(実用的な)講座になっています。
実際の高齢者施設の見学も好評です。

市川ライフステージ大学は、社会人向けと言うだけあって
なかなか実用的な講座が多いです。
講師の半分がいちかわTMO講座の修了生(もう半分は千葉商科大学の先生)というのも
なかなか興味深い講座になっているのかなと思います。

nonconcept at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月01日

厚生労働省「高年齢者雇用開発コンテスト」受賞のご報告

この度当社が、「平成28年度 高年齢者雇用開発コンテスト」に入賞しました。
厚生労働省と高齢・障害・求職者雇用支援機構が主催する、
高年齢者雇用開発コンテスト」にて、
株式会社かいごデザインの取り組みが評価され、
理事長特別賞を受賞しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000136207.html
日頃の高年齢の職員や、その管理職の職員たちの努力の賜物です。

20161001_2682
10月5日(水)に授賞式があり、
10月19日(水)に千葉支部では事例発表と
パネルディスカッションに参加してきます。

今後もより一層職員が働きやすく、
能力を発揮できるような職場環境を構築し、
より質の高いサービスを提供できるように職員一同精進してまいります。

nonconcept at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月23日

親子で講演してきました。

BlogOyako_4324
ホントにおかげさまなのですが、
最近はセミナーなどでお話しさせてもらう機会も増えてきました。
ですが今回は母親と一緒に話しをするという機会に恵まれました。
と同時に母親と一日一緒に過ごすという数年ぶりの試練、
いや幸福な一日となりました。

埼玉県商工会さんの女性部指導者講習会というもので、
内容は起業や事業承継についてでした。
うちの母親、前社長(現会長)が最初に話をして、
その後事業承継した社長の自分が話すという2段構成でした。
事業承継の他、弊社で取り組んでいる職員さんへの教育訓練や、
介護記録のICT化のお話などをさせてもらいました。

講演後に「埼玉にもハッピーさんのような施設を作ってください!」
というお声をいただき、とても嬉しかったです。
ちなみに私たちは市川市や船橋市といった京葉エリアのみでの
活動を考えています。
自分がちょくちょく見に行ける範囲でないと、
きちんと運営できないと思っているので。


nonconcept at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月16日

『介護リテラシー」とは

ラジオ20160816
一般にリテラシーとは、「識字」という意味の英単語で、
ある言語の文字による読み書き(書き言葉の読解、記述)ができる能力を言います。
大分一般的な言葉になってきたのではないでしょうか。

「メディアリテラシー」は、テレビや新聞などからの情報を適切に取捨選択し、
審議を見極めて活用する能力のことですし、
「ICTリテラシー」は、インターネットや携帯電話等のICTメディアを
使い個なる能力のことを言います。


さて私の地元、千葉県市川市でも平成28年になってから、
市内の高齢化率が20%を超えてきました。
21%を超えると超高齢社会となりますが、
日本全体での高齢化率はすでに30%近くにまでなっています。
私はこのような社会において「介護リテラシー」が必要だと考えています。

『介護リテラシー』とは、自分自身がどなたかを介護できる能力ではなく、
社会の介護サービスを使いこなす能力です。
現在の介護保険制度や民間のサービスは複雑で、多様なものであり、
それらを把握し、使いこなす能力が必要だと考えています。

私自身が介護事業所を運営してるなかで、
一般の方々に介護サービスや介護制度、そして介護そのもの
についてもっと知って欲しいと日頃から感じていました。
より知識や情報を得ることで、
その方らしい人生が全うできるのではないかと考えています。

この度、千葉商科大学様より、「介護リテラシー」というものを
より深めていくための研究について助成金を頂けることになりました。
介護サービスに係わる専門職の方、家族会後の経験者、民生委員、
行政の窓口の方など様々な方へのヒアリングを通して、
実践的な『介護リテラシー」というものを築いていければと考えています。





nonconcept at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月25日

『市川ライフステージ大学』のご案内

『高齢者の住まい』というテーマで全8回の講座の講師を務めることになりました。
千葉商科大学さんで開催される「市川ライフステージ大学」の1講座です。
img01

1級建築士であり、介護サービスの経営者として、
高齢者にとって快適な住まいや自宅で介護を受ける方法、
介護施設選びの方法などお話しする予定です。

12月10日(土)から2月24日(金)までが僕の講座の期間です。
一つの講座だけの部分履修も可能です。
授業では介護現場の最前線にいらっしゃる特別ゲストもお呼びする予定ですので、受講していただける方はお楽しみに。


【授業計画】
第1講 オリエンテーション:日本の住宅の変遷
   日本人の住まいについて歴史的に把握する。
第2講 高齢者にとっての理想の住まいとは
   高齢になったときに必要とされる住まいや諸条件について理解する。
第3講 介護保険の基礎を学ぶ
   多くの高齢者や、その家族に必要と思われる介護保険制度について
   理解する。
第4講 理想 住宅について:ワークショップ(実習1)
   自分にとっての理想の住まいとは何か具体的に考えてみる。
第5講 自宅で受けられる介護サービスについて
   介護保険や保険外制度のサービスについての最新の情報を得る。
第6講 高齢者施設 選び方(ゲスト講師予定)
   後悔しない終の棲家の選び方についてゲスト講師を招いて説明する。
第7講 これからの住まい方について考える:ワークショップ(実習2)
   自らの終の棲家のあり方について考察し、
   その準備をするための方策を講義する。

nonconcept at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月15日

印西の住宅 いよいよ竣工です。

thumb_IMG_1892_1024
印西の住宅、紆余曲折しましたが、
GW明けに竣工の見込みとなりました。
最初はコンクリート造で計画していましたが、
コストが予算オーバーとなり、
木造で設計し直したりしてかなり時間がかかってしまいました。
そして昨年、有限会社中川潤一建築設計事務所と
有限会社老人介護情報センターを一緒にして、
自分が代表というか社長になってからは毎日とても忙しく、
更新も出来ていませんでした。
まだ施工中ですが、経過報告ということで写真をいくつかアップします。

thumb_IMG_1942_1024
施主のI先生、2階リビングから景色を眺めるの図。
thumb_IMG_1950_1024
2階リビングの壁は黒く塗装しました。
天井がどうなっているかは、またのお楽しみで。
thumb_IMG_1944_1024
今回、2階のトイレの壁を施主のI先生ご夫婦が施工されました。
thumb_IMG_1946_1024
こちらもどう仕上がったかは竣工写真をお待ちください。
オープンハウスも4月末か、5月初めに開催させていただける予定です。
詳しくはまたお知らせします。

nonconcept at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月28日

9月5日(土)いちかわTMO講座第8期オープニングイベントのお知らせ。

僕は今年の夏は仕事ばかりな状況ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年も始まるいちかわTMO講座のオープニングイベントのお知らせです。

このイベントは僕もパネリストとして参加させていただきます。
井関先生は慶応大学の藤沢キャンパスの創設をされた偉大な先生です。
今回先生のイベントに参加させて頂けるのはとても光栄で嬉しく思っております。

いちかわTMO講座第8期オープニングイベント。
『あたらしい“つながり”をつくる、あたらしい“いちかわ”をつくる』
日時:平成27年9月5日(土)13:00〜16:00
場所:アイ・リンク ホール(JR市川駅南口 ザ・タワーズ・イースト3F)
慶應義塾大学名誉教授井関利明先生を交え、地域活動の経験者や地元団体、行政の方々と共にタウンミーティングを開催いたします。どなたでもご参加頂けますので是非ご参加下さい。入場無料です。

TMOタウンミーティングチラシ 150825


nonconcept at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月03日

高齢者住宅フェアのトークイベントに出演してきます。

7月14日、15日に『高齢者住宅フェア』がビッグサイトで開催されます。
高齢者住宅新聞社さんによる主催です。
こちらのフェアの1日目、
7月14日(火)15時30分〜16時20に
「経営者30人トークショー」というものが開催されます。
『2025年までの我が社の戦略』というテーマで、
経営者同士で話し合うというものです。
このたび出演依頼をいただきまして出演して参ります。

このトークイベントの他にも会場では在宅ケアやホスピス、
認知症カフェや看取りなど色々なテーマのセミナーも開催されています。
興味のある方は是非ご参加下さい。

少しずつですが自分の建築と介護を横断した活動が出来てきているので
これからも頑張っていきたいと思っています。
仕事ばかりで全然釣りに行けていないのが残念なところです。

nonconcept at 14:44|Permalink

2015年04月01日

高齢者住宅新聞の取材を受けました。

先日、高齢者住宅新聞さんの取材を受けたのですが、
弊社のデイサービスや老人ホームとともに、
会社の記事も掲載されました。

高齢者2月18日18面切り抜き

先ずは2月18日掲載のハッピーニューライフ東船橋です。
うちの老人ホームの食事の美味しさは全国屈指と言われております。
ぜひ見学の歳はご試食頂ければと思います。
食事はもちろんですが、
介護や医療などのサービスも充実しております。

なお記事の中のハッピーニューライフ東船橋の
所在地は、「市川市八幡」は間違いで、
「船橋市東船橋」です。
八幡にあるのは会社の事務所です。

高齢者2月25日12面切り抜き

次は2月25日掲載のデイサービス、ネスト実籾です。
元ふぐ料理屋を改装した和風のデイサービスです。
もうすぐ10周年を迎えます。

高齢者3月25日4面切り抜き

最後は恥ずかしながら会社の記事で、僕の顔写真つきです。
来週もハッピーニューライフ市川真間という老人ホームの取材を受ける予定です。
たった5室という贅沢な老人ホームです。
こちらの食事も専門家のお墨付きで、大変美味しいです。

nonconcept at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)