市川のリフォーム

2012年06月25日

建築基準法の話、その後。

普段仕事をしていて、建築基準法を変えたい!って
ブログに書いたところ、大学の同級生で国交省にいる友人から連絡が!
何と僕が怒っている(笑)採光規定の担当だというではありませんか!
何でも外に向かって言ってみるもんですねえ。。。
そして国交省のA君、アンテナの感度良いですねえ。。。

で早速、週末に飲み会を兼ねて会ってきました。
場所は谷中。
僕と友人の家の中間が日暮里駅で、
その周辺が谷中だったから。
R0011227
雨の谷中銀座商店街。
雰囲気の良い店が多い。
R0011224
が、あまり飲んべえにハマるような店がない。
R0011232
で、急遽浅草へ移動。
道路にはみ出た屋根、道路にはみ出たテーブル、道路にはみ出た客席、
そんなはみ出た空間に身を寄せ、酒を酌み交わす。
来月からは食べられなくなるカモというレバ刺しは売り切れ。
違法でも食べたいな、レバ刺し。
違法じゃなくて、課長通達違反とかかなあ。
この客席のように、限りなく黒に近いグレーな感じは嫌いじゃない。

道路のアスファルトの上で飲むというのは、
客席としてはおそらく違法状態なのだけど、
真面目に建築基準法の話をする。
国や役所の考え方は分かるけど、
やはり法律が時代にマッチしていないような気がする。
規制があった方が最低限の建築環境は担保されやすいけど、
それにも抜け道は一杯あって何でもありな所もあるし、
基本的に自分は「小さい政府」&「自己責任」っていう精神なので、
もっと規制緩和して欲しいかな。
R0011235

そんな感じで飲んでたら、巨大な提灯が。
何だか建築的。
この建築基準法バトルは今後の継続課題とします。
ていうかね、まず俺は採光規定だけ変えたいのよ。

nonconcept at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月08日

建築基準法を変えたくてしょうがない。

市川の老人ホーム、改修中に問題が発生したのですが、
何とか確認申請がおり、工事の方も終了しそうです。

今の時代、既存の物件や建物を有効利用しよう!という流れなのに、
つまらない、というかくだらない建築基準法のおかげで、
法令遵守するためだけの無駄な工事を行い、
施主も設計事務所も、余計な時間とお金を使うことになりました。

環境保護とか、節約とかとは逆行してしまう建築基準法のあり方や
行政指導のあり方に疑問をもつような半年間でした。
昭和二十五年に作られた建築基準法の中にあるナンセンスな規定は、
現代の都市環境にはフィットしていませんし、
また京都などの伝統的な木造建築も危険だということで
軽視(無視?想定外?)されており、
新旧どちらの建築物にとっても問題がある法律です。

また、今の耐震基準も不十分で、あまり意味がないような気がします。
安全な基準ではなく、最低限の基準ということなのでしょう。
ちなみに、ナカガワ事務所では構造事務所さんに頼んで、
基準法や施工令の耐震基準以上のレベルで設計しています。

nonconcept at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月16日

市川真間の現場、解体工事始まる、の巻

市川の老人ホームの現場ですが、
解体が始まっています。
R0010682
樹木の撤去もあるのですが、
昨今の放射性物質汚染の関係で、
今までは砕いてチップにして再利用出来たのが、
焼却処分にしか出来ないそうです。

3.11の余波を思いがけないところで受けました。
資材が手に入らなかったり、
設備機器の納期が遅くなったりはしたけど、
解体にまで影響あるとは思わなかったっす。

nonconcept at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月14日

有料老人ホームの申請、設計、施工を11月末までに

FACEBOOKに書き込んでいると、
ブログに書くのと混同して、
どこに何を書いたか段々わかんなくなってきています。

さて、今日は朝イチで有料老人ホームの申請のための
打ち合わせをしていました。
老人ホームの申請手続きについては外注しているのですが、
外注してもやることは結構あります。
市川市への申請、千葉県への申請、
そのまえに市川市の建築指導課や市川消防署との協議など。

それと並行して、老人ホームの現況調査のうえ、
間取りや家具、設備などの設計を行い、
今回はリフォームの施工もナカガワ事務所で行いますので、
手伝ってもらっているカワカミさんと一緒に業者への手配や
見積もりを取りつつ、工期の策定、資材や設備器具を購入したりと、
頭の中に何ギガのメモリーが必要なのだろうかという作業です。
工事が始まれば現場の監理もやらないとです。
なわけで、昼間は外出したり、人に会ったりしているので、
必然的にデスクワークが夜になってしまいます。

と、同時に他の仕事やプロジェクト(印西の住宅)や
地域活動(いちかわTMOなど)もありますので、
本当にスケジュール管理とタイムマネジメントが重要です。
パソコン上のカレンダーiCalとシンクロして、
スケジュール管理するためiPod touchを購入しました。
明日届く予定ですが、これでもう少し時間の管理が
正確に出来ると良いなと思います。

FACEBOOKには書きましたが、
夜中寝ているときに、
次の日の朝イチに送る図面があったのを思い出して、
夜中の2時半から明け方6時ころまで図面を引いたときは
辛かった。
こんな大学生みたいなやり方では、とても身体が持たない。
でも大学生みたいなノリと勢いは大事にしたいんだよなー。

nonconcept at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月13日

集合住宅のリフォーム

集合住宅のリフォーム工事です。
給湯器の交換や壁紙の張り替えなど、
中川事務所から職人さんたちを手配しており、
設計事務所というよりも、工務店の業務ですね。
特にデザインしようとしなくても、
自然と綺麗にすっきりしていくので面白い。
設計事務所が工務店(の真似事?)をやるとこういうことになるのかなと。

DSCF3273

一般に給湯器は10年から15年くらいで交換するのが良いようです。
15年以上も持つけど、性能は劣化するみたいですね。

中川事務所では、通常の設計管理業務のほかに、
今回のような簡単なリフォーム工事の請負もしています。
工事の時は熟練のスタッフが現場監督で活躍してくれています。

nonconcept at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月19日

市川のリフォーム 竣工

市川のリフォームが竣工しました。
DSC_0060
照明の感じを伝えたいので、
夕方の写真をUPします。
明るさがないと、写真では床の石の風合いは分かりにくくて残念。
石貼り工事の時の写真の方が実際に近いです。
ここは、介護などの相談室として、
地域のシニアの方向けのカルチャースクールとして使われます。
詳しいカリキュラムはコチラ

DSC_0097
この和紙のスクリーンの後ろに、給湯のスペースがあります。
通りから見たときの目隠しのようなものです。

DSC_0026
給湯スペースです。
カウンターはデュポンコーリアンという人工大理石で、
シンクも一体に作っています。
つまり、シンクとカウンターの間に隙間が出来ないので、
カビが生えたり汚くなることはないです。
カウンターの足は、アルミの角材で、
中川事務所ではよくやっている作り方です。

DSC_0001
ちなみにトイレはこんな感じに。
既存は安っぽい水色のタイル貼りの壁でしたが、
足場板という古在を加工して貼っています。
木のイイにおいがします。
結構貼るのが大変で、森大工には苦労をかけました。
工事としては終わりですが、
実際に使われている様子はまたそのうちに。


nonconcept at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月29日

市川のリフォーム 6日目 石貼り工事

市川のリフォーム6日目。
タイル工事です。
blogDSCF2813

床面には、ロッソベローナというイタリア産の石を貼ります。
天然石を10センチ角に加工したモノです。
とても風合いのある穏やかな表情の石です。
観葉植物などグリーンとの相性が良さそうです。
石はタイル屋さんが貼ってくれます。
blogblogDSCF2814

天然石なので、貼るときに目地を埋めるのが大変なんだそうです。
難しい工事ですが、
いつもお世話になっている親方なので、安心しています。
blogDSCF2816

キッチン壁面に貼るタイルも、表面に凹凸があるため、
これも目地を埋めるのが難しいとのこと。
相変わらずなのですが、施工の難しいというか、
普通あまり使わないような材料を使っているのだと実感。

nonconcept at 15:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月27日

市川のリフォーム 4日目 電気と水道の工事

設計通りに作られているか、
また設計段階では予期できなかったことについて判断し、
指示(ていうかお願い)をするのが工事監理です。

職人さんを手配したりするのは現場管理。
いわゆる現場監督さんの仕事です。
おなじ「かんり」なので、
「皿かん」と「くだかん」と言い分けます。
110611

工事4日目。
解体工事が終わり、電気と水道の工事が始まっています。
写真は換気扇から排気フードにつながる鋼管です。
下の方に写っているのは蛇腹で、
事務所的には鋼管のほうがスッキリした外観なので、
見えるところについては鋼管を使用します。

104559

キッチンカウンターは特注の人工大理石のモノがつくのですが、
その前に給水の配管をしています。
ある程度、下準備的な工事が終わったら、
今度はだんだんと仕上げに近い工事になっていきます。

nonconcept at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月24日

市川のリフォーム工事 初日 解体工事

市川のリフォーム 工事初日です。
業者の方が来る前に現場の鍵を開けるため、8時前に現場到着。
工事はまずスケルトン状態というか、
既存のいらない部分をどんどん壊していきます。
091808

例えば、この店舗の正面にあった全面の鏡の部分も
撤去してもらいます。
壊している途中、鏡がもったいないなあという気持ちと、
壊れていくガラスの散りばめられた画が綺麗だなという気持ち。
114220

鏡が無くなるとこんな感じ。
明るい。
このあと、事務所の職員というか、
現場監督をしてもらっている元工務店勤務の方と昼ご飯へ。
124950

野菜たっぷりのカレー。
お店は市川市国府台にある石井農園さんのレストランです。
ルーは普通ですが、野菜が美味で、カレーライスというより、
野菜サラダをカレーのソースで食べる感じ。

一旦帰宅し、追加の図面を引いて、
夜はいちかわTMO講座を受講。
受講している皆さんの話が面白く、
早起きした自分でも眠くならずに受講出来ました。


nonconcept at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月10日

市川のリフォーム

地元、市川市、市川2丁目の店舗のリフォームです。
敷地はJR総武線の市川駅北口から徒歩8分。
バス通り沿いで、住所は市川市市川という、
分かりやすいのか、間違えやすいのか、
地元以外の方には読みにくい住所です。

ブログDSCF2427

今回リフォームするのは1階の店舗部分。
以前はバレー教室を開いていた場所ということで、
部屋の中に鏡を貼るために、
道路に面したファサードが不透過の壁になっています。
コレをズバーン!と透明のサッシに変えます。
2階と3階はワンルームの賃貸になっていて、
今現在、若干空きがあるとのこと。
ブログDSCF2424

この建物の前の通りを東へ1分くらい歩くと、
真間山 弘法寺(ままさん ぐぼうじ)に続く、
大門通りにつきます。
この辺りは万葉集にうたわれた手児奈(てこな)という
超美人なお姫様がいたといわれている場所です。
ブログDSCF2428

市川駅南口の高層マンションも見えますね。
最上階の展望室、まだ行ってないなあ。

ブログDSCF2431

イイ感じの中間領域(外のような内のようなとこ)をもった
喫茶店とか。

ブログDSCF2430

こんなアクセサリーのお店とか。
あ、散歩している場合ではない。
模型作らねば!
ま、敷地調査の一環ということで良しとするか。
都市の文脈を読むのも大事だし。

nonconcept at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)