近況ホーコク

2017年09月20日

「介護リテラシー」研究報告書

kaigoliteracy
『介護リテラシー』とは、自分自身がどなたかを介護できる能力ではなく、
社会の介護サービスを使いこなす能力と定義しています。
私が作った造語です。
現在の介護保険制度や民間のサービスは複雑で、多様なものであり、
それらを把握し、使いこなす能力が重要だと考えています。

この度、「介護リテラシー」について、
千葉商科大学の平成28年度地域志向研究として
聞き取り調査を弊社職員で分担して行いました。
ヒアリングの際には弊社のご利用者様のご家族や
関係するケアマネジャーの方々、
地域の病院のソーシャルワーカーの方々など多くの方のご協力を得て
実施することが出来ました。

正確には『市川市における「介護リテラシー」に関する調査研究』というもので、
千葉商科大学の齋藤香里先生によって作成された論文です。
本研究では介護リテラシーとして身に着けるべき知識を明らかにすることを試みたものです。
是非ご覧下さい。

介護リテラシー」研究報告書">株式会社かいごデザイン 

nonconcept at 10:48|PermalinkComments(0)

2016年11月19日

「ああ、いい人生だった!」と思ってもらえる看取り研修。

thumb__J004454_1024
「看取りケア」の社内研修を行いました。
「ああ、いい人生だった!」と思ってもらえる関わり方について、
株式会社エイジング・サポートの小川利久先生と
小林悦子先生にお話しいただきました。


thumb__J004452_1024
介護職員だけでなく、厨房や事務の職員も受講し、
会社全体で看取りについて考える機会になりました。
そしてハッピーニューライフ東船橋の主治医の安西先生にも
お忙しい中ご参加いただきました。

_J004459
講義を受けて「看取り」とは亡くなる瞬間のケアではなく、
人が生ききるための支援であると、改めて思いました。
「看取りは点ではなく、線なのですね!」という職員の声も多く聞かれました。
今回社内の半数近い職員の参加があり、
今後も利用者の方、入居者の方が最後まで楽しく長生きしていただけるような
ケアを行っていきたいと思います。

それにしても、集合写真に写ってしまっているお茶のボトルが気になります。
画像処理ソフトで消そうかな。



nonconcept at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月04日

厚生労働省「高年齢者雇用開発コンテスト」表彰式に行ってきました。

thumb_IMG_2688_1024
10月5日(水)日比谷飯野ホールにて
「高年齢者雇用開発コンテスト」の表彰式に参加してきました。

thumb__J004304_1024
弊社がいただいたのは、
(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構の理事長特別賞です。
壇上へは社長の自分と、ハッピーニューライフ市川真間の
厨房の蛸島が登りました。
_J004311
こちらのコンテストは厚生労働省との共催で、
高年齢者が働きやすい職場づくりの事例に対して企業を選定し、
表彰するものです。
今後とも高年齢者の雇用に限らず、
快適な雇用環境の実現のために取り組んでまいります。

nonconcept at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月30日

オープンバウスに行ってきた@清澄白河

江東区の清澄白河で、谷内田章夫さん設計の集合住宅を見てきました。
オープンハウスに行くときは一人で行くことが多いのだけど、
今回は見学現場の近くに住む叔父と叔母といってきました。

というのも叔父は同じような賃貸住宅を計画していたけど、
土地のサイズがいまいち小さいということで、中止になっていたので、
参考になるし、近所出しどうかなと思って叔父たちを誘いました。

まずは叔父たちとお蕎麦をいただきました。
そこに新婚の従兄弟夫婦も合流し、
親戚が集まったということで
「潤くんはいつ結婚するの?」などの誘導尋問攻撃を浴びました。
攻撃を回避後、見学開始の13時に現地へ。


天井の高さが4mくらいあって、一部2層の空間です。
天井が高くて気持ちいいし、上層の寝床っぽいスペースも楽しい感じ。
天井が高いと、普通は下層に浴室やトイレで、
その上に寝床を作ることが多いけど、
逆に上層に浴室があって、
下層が物置のようなスペースになっているのが面白い。
確実に子供は楽しいし、遊べるし、喜ぶはず。
キッチンはメインのスペースにオープンに面していたけど、
こういったSOHO的な部屋なら、
奥まった場所にあってもイイかなと思いました。

帰り際に資料をいただこうとしていたら、
谷内田先生本人がいらっしゃいました。
以前学生の時にお会いしたことがあるのだけど、
独立してからは初めてなので、名刺交換させていただきました。
相変わらずやさしそうな柔らかい雰囲気でした。

nonconcept at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月16日

『ニッポン無責任新世代』に何を見る

nippon_main2
『ニッポン無責任新世代』という舞台を見てきました。
半分は息抜き、もう半分は勉強な感じで。
日比谷のシアタークリエで、今月30日まで講演されています。
僕が見に行ったのは15日の初日舞台です。

この作品は、往年の植木等さん演じる『無責任シリーズ』が
モチーフになっています。
税金対策で作られた謎の会社に、
なんとも無責任なカタチで入社した原田泰造が、
やる気の無かった、しかもかなり個性的な面々を動かして、
どんどん会社に活気が出て。。。というコメディです。
R0010338blog

舞台冒頭に作・演出の後藤ひろひとさんの観劇中の注意事項が
始まったかと思いきや、どんどん舞台に引き込まれていきました。
一つのプレゼンテーションとしてみても、すごく上手い。
上手いし、面白すぎるよ後藤さん。。。

仕事で少し行き詰まっていたり、
方向性で悩んでいる人なんかにオススメの舞台です。
あと星野真里さんも出てるので、一ファンとしても良かったです。
演技というか、本人になりきる感じ、神がかり的ですね。
チャトラン役の足立理さん、若大将役の佐土井けん太さんも
助演男優賞をあげたいくらいイイ味出てました!



nonconcept at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月14日

渡邊實さんの織部焼きなどなど

R0010326blog

渡邊實さんの展覧会に行ってきました。
渡邊さんは千葉県船橋市の陶芸家です。
以前、知り合いの紹介でお会いしていたのですが、
その縁あって、今回個展にお誘いいただきました。
個展の場所は中川事務所のすぐ近くの日本アートギャラリーというところ。
R0010334blog

この金属のような作品も実は土で作られているそうです。
そのまま出もいいし、花器にしてもいいとのこと。
R0010330blog

じゃーん。ご本人登場。
渡邊さんは某大手ゼネコンに勤務して橋梁などの設計をしていたのですが、
そこから若くして退職し、陶芸の道に進んでられる異色の作家です。
R0010335blog

ゼネコンから陶芸家へ。
僕も一度はゼネコンとか勤めていたら、
ゼネコンから何になっていたのだろうかと考えました。
たぶん設計事務所作っていたのではないかと思います。

nonconcept at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月05日

今日の東京タワー

blogR0010195

赤羽橋にあるFLOSという照明器具のショールームに行ってきました。
地下鉄を降りて、歩いていると、
ちょうど正面に東京タワーさんが綺麗に見えたので
撮影してみました。
東京スカイツリーばかりもてはやされるこの頃ですが、
夏の東京タワー、青い空とのコントラストが綺麗だなって思いました。
今日も綺麗だよ、東京タワー!

nonconcept at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月17日

市川市のメール情報サービスを使おう

市川市に住んでいる方、
市川市に通勤している方は、
市川市メール情報サービスを使いましょう。

市川市の緊急防災の部署では、
停電についての電話の問い合わせにより、
市の職員が対応に追われ、寝ることも出来ないような状態だと、
昨日、市川市にある「みんなの市川」というポータルサイトの
一見さんから伺いました。
市役所への電話取材にて聞いた事だそうです。

市の職員の方に余分な負担をかけないためにも、
また、自分たちが迅速に情報を得るためにも、
携帯電話やパソコンへのメール情報サービスの登録を
強くオススメするとともに、強くお願い申し上げます。
ITやICTで頑張っている市川市ならではの良いサービスです。

また近隣の市区町村にも同様のサービスがあります。
松戸市の公式twitter(配信サービスではないです)
松戸市の安心安全メールサービス
船橋市や習志野市ではメール配信サービスは見つけられませんでした。



■■■■■■■■■以下、市川市のページより転載■■■■■■■■

緊急情報
東京電力が行う計画停電等の緊急情報をメール配信します。携帯電話で利用される場合はメール受信設定のご確認をお願いします。
登録・変更・解除方法
まずは、info@city.ichikawa.chiba.jpに空メールを送信
次に、返信メールに記載されているURLをクリック これだけで登録は完了です。


■注意
携帯電話で迷惑メール用のフィルタを利用されている方は、「city.ichikawa.chiba.jp」からのメールをうけられるように、フィルタの設定変更をお願いします。
 
※初期登録では、お奨めするジャンルが全て登録されてます。ジャンルはいつでも変更が可能です。
※変更・削除についても、info@city.ichikawa.chiba.jp に空メールを送信することで、手続き可能です。
※info@city.ichikawa.chiba.jp は、登録・変更・解除用の送信専用のアドレスです。お問い合わせをいただいても回答できませんのでご了承ください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

nonconcept at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月13日

東日本大地震の異常さ

一昨日15時ころ、午前中外出していた僕は、
スーパーで買い物をして家で模型を作っていました。
家は千葉県市川市の八幡です。

少し揺れ始めて、地震だと分かったのですが、
だんだん強くなってきて、しかも時間が長く持続するので、
これはちょっとヤバいかもと思いました。
電話は一切つながらず、不安が募ります。

30分ほどニュースを見たり、電話をかけようとするのですが、
電車も止まっていると言うことで、他の方法で移動を考えます。
で、僕が副社長をしている市川と東船橋などの老人ホーム
に安否の確認をするため、移動手段を考えます。
(ちなみにこちらの有限会社老人介護情報センターは、
 数年以内に中川潤一建築設計事務所と合併予定。)
まず、自宅マンションの立体駐車場が地震により停止していたので、
タクシーを見つけ、乗り込みます。
タクシーの中で、実籾の部署より無事との報告を受けます。
市川の老人ホームへ到着、入居者と職員の安全を確認。
ホッとしました。

そして、そのホームの車で東船橋へ。
途中コンビニで食料など買いましたが、コンビニも混雑してました。
また普段30分くらいの道のりが、2時間くらいかかりました。
しかも、マニアックな裏道を駆使した結果でもです。
取りあえずこちらも入居者やスタッフの安全を確認。

で、東船橋の方は夜勤者が交通麻痺によって一人来られないので、
何とか車で送迎しようと試みるも、テロ並の渋滞で不可能な状態。
1時間以上運転しても数百メートルしか移動出来ませんでした。
特に千葉県内の鉄道は、
深夜になってもほとんど動いていませんでしたので、
市川市の妙典や本八幡付近から千葉方面まで、
異常な渋滞でした。
(東西線は妙典まで、都営新宿線は本八幡まで運行するも、
 千葉県内の鉄道は完全に停止)
これは翌朝まで続きました。
大きな国道や県道に自動車が駐車するように並び、
その間を徒歩で帰宅する人たちがぞろぞろと歩く、
異様な光景でした。

なので、一人の日勤の職員に深夜までの残業、
もう一人に深夜まで仮眠を取ってもらい、
午前3時から夜勤の代行をしてもらうことに。
で、東船橋のホーム長は研修で千葉に行っていたので、
徒歩で東船橋まで7時間かけて22時ころ到着。
足が痛くなるほど歩いたということで帰宅します。

なので、代わりに僕が電話連絡などの応対をして、
明け方職員を迎えに幕張の湾岸を車で走らせたりしながら、
結局翌朝の朝6時まで徹夜で対応に追われました。
明け方の幕張エリアは、道路が液状化していて、
工事現場かと思うような砂の量でした。

そして、いざ帰ろうと思っても、
まだ電車が動いていなかったので、
会社の車で市川のホームまで行き、
そこから30分ほど歩いて帰宅しました。
↓はその時の朝日の写真。
110312_065948

建築や都市計画を専門誌しているものとして、
今回の地震の揺れ自体は想定内だったかもしれませんが、
その後の津波の大きさは想定を超えていたと思います。

また東京など首都圏で、
このような津波が襲ってきた場合への準備も、
必要ではないかと思いました。
行政や国が想定していないとすると、
自己防衛するしかないわけです。
この地震は今後の日本の防災計画だけでなく、
都市計画や首都移転まで関係する大きな災害です。

東北地方だけでなく、首都圏の困難な状況はこれからです。
なんとかみんなで乗り切りっていきましょう。
そういう決意を、夜明けの朝日を見ながら思いました。

nonconcept at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月20日

銚子漁港にて休息す。

人間には休息が必要です。
息抜きといいますか、まあ休みですよね。
今日は建築家白井晟一の展覧会とセミナーを予定していたのですが、
休息をとるためズル休みしました、
DSCF2961
ちょっと「魚系食べたいよね。」という話になり、銚子漁港へ。
こういうとき千葉に住んでるって実感します。
てか、距離的には築地の方が何倍も近いのだけど。。。
ま、雰囲気というか、東に車を走らせるオレ!というカタチも
やってみたかったりもするわけで、遠いけど銚子でいいんです。
0129DSCF2965
店の名前は忘れたけど、金目鯛の定食を食いました。
知らなかったけど、銚子は金目鯛でも有名だそうで。
鰯とか、鮪とか、濡れ煎餅とかしか知らなかったから。
金目鯛の刺身を七味唐辛子を付けて頂くというのが美味かった!
あと鮪で作ったというそぼろ!(写真左端)
お土産として販売した方が良いよコレ。
甘くてジューシーでごはんがススムくんです。

nonconcept at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)