酒とかスイーツとか

2012年10月24日

新進気鋭の酒蔵からモノ作りを学ぶ、の巻。

人には教えたくないお店というのがあります。
自分だけのヒッソリとした楽しみでもあるし、
特に今回のお店は、「酒道」の大先輩であり、
普段お世話になっている某D氏に教えていただいた、
秘密中の秘密のお店であります。

今回、秋田県の福禄寿酒造さんという、いま一番人気ある酒蔵の一つが、
その教えたくない店で利き酒会をやるということで、
D氏にお誘いいただき、参加することが出来ました。
そのお店は、JR浅草橋駅近く、台東区柳橋にある、
玉椿」さんです。
ちなみに、今回のお酒を用意してくれたのは、かき沼酒店さんです。

まずはお正月に放送されたという福禄寿酒造さん
ドキュメンタリー番組を30分ほど拝見。
福禄寿酒造さんは、「一白水成」という日本酒で有名な酒蔵です。
東北には、僕が今夏訪れた「十四代」で有名な高木酒造さんがありますが、
今回飲ませていただいて思ったのは、「十四代の次の味」というものでした。
十四代のように吟醸酒独特の香りと透明感の上に、
果実感ある酸のあるお酒や、コックリとした硬水を上手く生かしたお酒など、
都会的で、未来的なお酒だと思いました。

bDSC_0130
利き酒会には、何と福禄寿酒造さんの8種類のお酒が並びます。
あくまでも主観ですが、偉そうにも感想を言います。
1、一白水成 特別純米 吟の精を麹米に、あきたこまちを掛米にしたもの 
  ←爽やかな酸。
2、一白水成 純米吟醸 山田錦50%精米 
  ←先ずはこれをオススメ。男向き?
3、一白水成 特別純米 吟の精50%精米 
  ←スッキリして十四代のよう。女性向き?
4、一白水成 特別純米 雄町 雄町50%精米 
  ←3をもう少しかっちりした感じ。(うーん段々酔ってきた。)
5、一白水成 特別純米 愛山50%精米    
  ←余韻に特徴が。
6、福禄寿 本醸造 めんこいな60%精米   
  ←1番リーズナブルなはずだけど、
   コクとワイルドさが美味い!
7、福禄寿 大吟醸 山田錦40%精米   
  ←間違いなくエース。上品。
8、隠れ彦兵衛 五百万石 58%精米   
  ←山形県内だけのお酒。可能性を感じる味。 
自分的には、家飲みするなら2と6がいいかな。
女性を口説くなら3かな。
あ、既婚者なので、妻を口説きます。
bDSC_0129
チェイサーとなるお水は、酒蔵にわき出す中硬水の湧き水だなんて、
素晴らしいじゃないですか。
これで原料の水と、造られた酒までの変遷も感じることが出来ます。
bDSC_0132
秋の味覚と美味しい日本酒ですが、福禄寿酒造さんのお酒造りには、
建築を作るものとしても共感することが多かったです。
例えば、作り手が自己満足するものではなく、
お客さんが満足するものは何か、
お客さんの立場になって考える、とかです。
福禄寿酒造さんの33歳の社長、高木康衛さんも秋田からお越し下さり、
直々に酒づくりの苦労などもうかがえました。
bDSC_0133
ちなみに酒の肴で、意外な美味しさを発見しました。
いぶりがっこのクリームチーズ和えです。
いぶりがっことは、秋田名物でタクワンを燻したものです。
これがクリームチーズをスモークチーズのような味に代えて、
塩気と一緒になって美味しかったです。

設計しなきゃいけない物件を複数抱えたなかで、
利き酒会という、あくまでも、物作りを学ぶという、
大義名分によって、美味しい酒を飲みました。
Dさん、このような機会をお誘いいただき、ありがとうございました。
仕事します。

nonconcept at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月08日

打合せの後、書道展、そして海浜大通りへ

昨夜の花火大会を見ながら作った模型を携えて、
午前中、リフォームの打合せに行ってきました。
打合せは無事に終わり、県立美術館の書道展へ。

実は今、書道を習っていまして、
その教室の先生の出展されている作品を見たくて、
県立美術館まで行ってきました。

途中で、お昼ご飯を食べたかったのですが、
なかなか店を決められなくて、
空腹のまま現地へ着いてしまいました。
でも食事したいぞと思っていたら、美術館の横にホテルがあり、
そこで腹ごしらえしてから、書道展へ。
DSCF2314

筆遣いや、余白のバランス、墨の濃淡、字と字の関係性など、
建築のデザインとも通じることが多くて、
有意義な時間が過ごせました。

まだ時間が早かったけど、今日は早めに帰宅して、
LOST2のDVDを見たかったので、寄り道せずに帰ることにしました。
マザームーンカフェでケーキたべようかとも考えたけど、
日曜の昼下がりに自分一人、つまり34歳の男一人で、
カフェはなあ。。。と却下。
DSCF2322

この千葉港辺りから、市川方面へ帰るのであれば、
海沿いの道で帰るべ、と思い、
海浜大通り(幕張メッセとかの通り)を今お気に入りの、
「MIX TUBE」を聞きながら、気分良く帰ってきました。
少し遠回りだったかもしれないけど、いいではないかと。
だって夏じゃない。

nonconcept at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月11日

マカロンみたいな建築

ホワイトデーが近いので、毎度義理チョコのお返しを買いに
お菓子屋さんへ行ってきました。

今年は、自分が「サダハルアオキのマカロン食べたい。」と思って、
マカロンを買いに行くこと。
以前買いに行った六本木以外にも店があるのかと調べてみると、
有楽町にもあることが判明。
で、有楽町店へ。

DSCF2144国際フォーラム

二つの建物に挟まれた、この通り抜け、いいんですねえ。
この東京国際フォーラムのすぐ横あたりです、お店。

DSCF2148マカロン

事務所に戻り、地元市川市の麻生珈琲店のイタリアンローストを準備し、
マカロンを食す。
うまい。
膝から崩れ落ちそうになるくらい美味い。
そして味が濃ゆい。
軽快な外観と、それを裏切るかのような濃厚な味わい。
特に俺は塩キャラメル味のが好きだ。。。

こういう感動を与える美味しいモノに出会うと、
自分もこういう建築を作りたいなあと分析する。
でも、マカロンみたいな建築ってどんなだ?
軽快な外観と、それを裏切るかのような濃厚な味わい?


nonconcept at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)