同級生へのホウレンソウ

2011年10月17日

君は萌季屋のコーヒーを飲んだことがあるか。

R0010631b
毎月行われている萌季屋さんのコーヒーセミナーに、
カワカミさんと参加してきました。
カワカミさんは、今度ユーカリが丘の自宅でカフェを開業する予定なので、
勉強になるかなとにお誘いしました。R0010614b
店主の方から、産地やコーヒー豆の生態などパワーポイントで説明を受けます。
で、普段美味しいなと飲んでいた萌季屋さんのコーヒーですが、
いくつか凄い事が判明したので、箇条書きで書きます。
R0010618b

萌黄屋さんのコーヒー豆
 →いわゆる新豆で、古い豆は使っていない
 →4ランクあるうち、最高のスペシャリティーのものしか販売していない。
  (通常お店とか量販店で買えるのはスペシャリティーの下のプレミアムか、
   その下のコマーシャルというランク)
  (スペシャリティーしか扱わない店は全国的にも希有らしい。)
 →店主の方がエチオピアとか、コロンビア、東ティモールなどに
  実際に赴いて、直接優良な農家を押さえたりしている。
 →高級ワインと同じように、通常では珍しい低温輸送で輸入している。
 →例えばマンデリンという豆については、農園を指定のうえ、
  樹齢30年以上の実のみ使用
 (樹齢が高い方が美味しいらしい。丁寧な剪定が条件だそうだ。)
R0010619b

萌季屋さんの焙煎
 →豆の個性を引き立つように毎日焙煎
  →だから飲んだときに新鮮な果実味を感じる
   ↑これは微妙に豆の「酸」を残して焙煎しているからだそうです。
 →ブラックで飲んでも、果実味があるので、ほんのり甘い
   ↑僕はいまだに砂糖を入れて飲んだことがない
 →風味(フレーバー)、コク(ボディ)、余韻(アフターテイスト)を
  コーヒーが語ってくれます。
  耳を傾けましょう。舌かな?

 まだまだあるけど書ききれない。
 個人的には、「しろくまカフェ」(マンゴー味)で、
 コーヒー豆の知識は予習しといたつもりだけど、全然足りなかった。
 当たり前か。
R0010626b
実際に豆を使って、ドリップの仕方が習えます。
思っていたよりも、ゆっくりと、コーヒー豆のパンケーキを作るように、
ゆっくりと蒸らしながらドリップします。
R0010629b
同じ豆でも、
いれた人によって濃度や風味が違います。
濃くなってしまったときは、お湯で薄めるのもアリだそうです。

コーヒーの味を決めるのは、
豆そのもの、焙煎の仕方、いれ方によって変わってきます。
一番基本となる軸は焙煎(ロースト)です。
浅煎りだと、酸味が強く、深入りだと酸味が薄く、苦みが強くなります。

萌黄屋さんのコーヒーを飲むのでしたら、
まずはオリジナルブレンドの「もえぎや」から入るのが
よろしいかと。
通販もあるので、遠方の方は是非。
スタバさんとかタリーズさんとかと別格な味をご堪能下さい。

こう、ブログを書きながらも、
萌季屋さんのグアマテラ豆を飲んでおりやす。
苦みの先に、ショコラの風味あり。
うまし。
やっぱすげーよ、萌季屋
美味しいのにはちゃんと訳があるのね。

nonconcept at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月05日

深川飯 「みや古」

今年も恒例の国際福祉機器展に行ってきました。
今年は震災の影響や、経験を受けてリスクマネジメント関連が
重視されていたかと思います。

それで、毎年会場は激混みで、しんどいので、
いつも有明まで行く途中でランチします。

今年は、駅でいうと地下鉄の森下駅近く、住所でいうと深川で、
深川飯を食べていきました。
R0010591b
みや古というお店。
深川飯定食1,500円。
ランチとしてはまあまあ値段だが、機器展のビックサイトでも
まずいシチューセットとかでそれくらいするので、
コチラの方が満足感アリ。
R0010592b
聞くところによると、鬼平犯科帳に出てくる、あの鬼平さんも、
食べに来た店だとか。
昼間ですが本当に酒が飲みたくなる雰囲気と品揃えでした。
R0010594b
深川飯、アサリのご飯ですが、もちろん味わい深く美味、
特に、ぬたもアッサリしていて美味。
老舗、恐るべし。

nonconcept at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月09日

書道展inおでん屋

書道を習っています。
そのお師匠の先生、目良丹崖先生の書道展をハシゴしました。

まずは銀座貿易ビルにて「第59回無心会書展」
見応えのある作品が続きました。

その後、おでん屋さん、新橋お多幸での、
「老舗新橋お多幸 de 書展」。
おでん屋さんに書の作品たちがさりげなく飾られ、
書家たちだけでなく、一般の酔客たちが酒を酌み交わしながら
書を眺めたりしています。

ちなみにこのおでん屋さん、お多幸は、
日本橋本店の方から暖簾分けしたお店がわが地元、
本八幡にもあることはリサーチ済み。
近々突撃したいと思います。

nonconcept at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月25日

曳舟ハイボール同窓会

曳舟
ひきふね。
初めていきました。
中学高校の同級生四人の飲み会です。
事務所のある京成八幡から京成で15分ほど。
大きな地図で見る


シュンスケ、S森、チクザンセンセイ、ナカガワの四人です。
分かる人には分かるメンバーだと思います。
今回はスカイツリーを望みながら、
ハイボールを飲むのが良いのではないか!となり、
スカイツリーのお膝元の押上ではなくて、
その隣の曳舟で飲みました。

201009

が、1件目のS森が長年気になっていたという飲み屋で、
18時半から23時半頃まで飲んでしまい、
2件目以降で"望むはず”だったスカイツリーが
抜け落ちてしまい、
まあ後から考えれば予測できたことなのですが、
普通に酒を飲むという会になりました。

今回は突発的な飲み会だったので、
次回は船橋辺りでもう少し多くの人たちに声をかけて
飲み会開催したいよねという共通の結論が出ました。
その時は前もってブログに書きますので。

nonconcept at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月06日

S-Houseのクライアントさん、サマソニに出るカモ?

8月7日、8月8日と幕張メッセで行われるサマーソニックという
ロックのお祭りが開催されます
いわゆる「サマソニ」ってやつです

建築っ子たちには、幕張メッセ=建築家の槇文彦先生となりますが、
ロッカーたちにはサマソニですかね

その中で、一般応募による出演オーディション「出れんの!?サマソニ!?」
というものに、ナカガワ事務所が設計したS-Houseのクライアントの方が、
エントリーしています
写真はS-Houseという平面が三角形の住宅の夕景です
SH006


投票は一日、ひとりあたりひとつのバンドに
投票できるようになってるとのことなので、
お気に召した方は是非投票お願いします

http://emeets.jp/pc/artist/3614.html

nonconcept at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月21日

飽懲倦弛

中学高校と剣道部でお世話になった、というか、
お世話になりすぎて頭が上がらない、顧問のI先生の
退官パーティーが、幕張のホテルマンハッタンで、
盛大に行われました!

170名以上の出席者がおり、まるで、I先生夫妻の
結婚披露宴のようでした。
OBの方の話によると、これでも結構人数を限定して、
案内状を出したのだとのこと。

20100620164555


僕の同期のオーシカやミカミも駆けつけて、
懐かしい会にもなりました。
日本中というか、世界中から卒業生が集まりました。
オーシカは、札幌からでしたが、一つ上の学年のI先輩は、
転勤先の上海から駆けつけていらっしゃいました。
パーティに出席して、すぐに成田から渡米するという後輩もいました。
(オーシカよ、今が旬だという、そのウニを北海道から送ってくれ。)

たくさんの諸先輩方にもお会いすることが出来て、
I先生夫妻のおかげと思っております。
やはりお医者さんや医歯薬系の卒業生が多い感じでしたが、
落語家から銀行マン、商社マン、研究者、弁護士など
多彩な顔ぶれでした。
建築とかデザイン系は少ないようでした。

中1・中2で担任だったハンドボール部のS先生(あだ名は、ゆうさん)や、
中学の時に生物を習ったM先生など、懐かしい顔ぶれも。

今回のパーティを記念して作られた、
I先生のお言葉の手ぬぐいが配られました。
「飽懲倦弛」
飽きず、懲りず、倦ねず、弛まず、という意味です。

あらためてI先生夫妻の偉大さや剣道部40年の歴史の重み、
それと東邦生としての誇りなぞを感じた一日でした。


nonconcept at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月23日

K銀行のK君が結婚

舞浜の「姉さん。事件です。」というドラマで有名なホテルで、
中学高校の同級生のK君の結婚式がありました。

総武線の本八幡に住む僕としては、舞浜というのは距離的に近い割に電車では行きにくい場所です。
京葉線の舞浜駅というのはディスニーランドの最寄り駅でもあります。
で、少し贅沢をしまして、タクシーで式場へ向かいました。
車が東西線の浦安駅を過ぎたころ、おなじく同級生の塚ポンから電話が。

彼は実家のある京葉線の新浦安駅にいて、
これから式場へ向かうと言うではないですか。
「じゃあ一緒に。」
となり、車は京葉線新浦安駅へ。
塚ポンと合流し、湾岸357号線を走り、式場へ。
とても素敵な結婚式と披露宴でした。
木村カエラのバタフライとか流れちゃってました。
うーん、ゼクシィ♪
K君、結婚式での宣誓の声はちょっと高かったぞ。
緊張してたんだなきっと。

新郎のK君とは不思議な縁があって、
実は小学生のころにも塾が一緒で、
中学に入る前から知っている仲です。
それで中学の時は同じクラスになったりしました。

大学に入った後くらいからは数年連絡を取っていなかったのですが、
驚きなのは、お互い大学も卒業して働き出してからなんです。
僕が設計事務所を立ち上げたときに、
某K銀行の某支店で法人の口座を開いたのですが、
その時に支店長さんから紹介されたのがK君でした。
銀行の部屋で、数年ぶりの再会でした。
まさか自分の友人が、自分の銀行の担当者になるとは!
何かとご縁を感じるK君と僕との人生なのです。

ところで、ブログを読んでくれているトーホーのみんな、
K君分かるよな?
元テニス部で、球技が得意で、特に球技をやるときの点数のカウントが得意で、
唐沢寿明似のK君だよ。


nonconcept at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月30日

楽園住宅の土地の契約&下遠野先生のアトリエ見学

楽園住宅の土地の契約が終わりました。
敷地は千葉県印西市の草深です。
北総線の印西牧の原から車で15分の場所ですが、
桜や竹林などにかこまれた緑溢れる敷地です。

そこで楽園住宅を設計するに辺り、
クライアントのお知り合いである下遠野先生のアトリエを
見学することになり、千葉県某所のアトリエを見学してきました。

DSCF2058

楽園住宅ではアトリエのスペースも作る予定なのです。
ちなみに下遠野先生のアトリエは僕が設計をした建物ではなく、
先生夫妻と大工さんたちでアイデアを出し合って作られたそうです。

DSCF2039

じゃーん。
下遠野先生登場!
下遠野先生は、僕が中学と高校で美術を習った先生です。
東邦のみんなー、見てるかー?
後ろの見える薪ストーブは暖房という機能だけでなく、
気持ちを落ち着かせる装置としても働いていました。

DSCF2047

先生は現在、主に陶器と紙塑(しそ)を作っておられるそうです。
制作された陶器は息子さんが経営するレストランで使用される
とのこと。

DSCF2052

これはアトリエというか、工房内の素焼きの陶器たち。

DSCF2045

先生作のコーヒーカップでいただくコーヒーは、
また格別です。
自分も建築の設計という仕事をしていますが、
やはり物作りの現場というのは、分野が違えども、
刺激的かつ心地の良かったです。
このイイ刺激と感覚を大事にして、設計したいと思います。




nonconcept at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月29日

表参道、スーツ姿10人の男たち

原宿の某記念館にて高校の同級生の結婚式がありました。
バレー部だったK君としておこう。
東邦の同級生で、僕に近しい人間だったら分かるだろう。
あの旅好きで尾崎豊好きのK君である。

僕が京都にいた学生時代には、
日本全国を旅する彼は、年に一二度は京都に寄ってくれて、
鴨川べりでタコ焼きを食べながら缶ビールを飲んだり、
酔っぱらって深夜に平安神宮を見に行こうとして、
警備員の方たちに注意されたり(過激派と間違われたか?)と、
高校卒業後もよき思い出であるのです。

そんなアツい彼の結婚式には高校の同級生たちだけでも10名以上、
いや、20人近くきていただろうか。
彼の人望の厚さや人柄だと思う。

そんな僕ら同級生たちは、昼過ぎに終わった披露宴の後で、
夕方から始まる2次会というやつの間の時間を完全に
もてあましていた。
これは明らかに前もって予測される事態なのだが、
誰一人として予測できている者はいなかった。
そう、昔から僕たちには計画性など無いのだ。

そこで33歳のスーツ姿、黒ずくめの男10人が、
カジュアルなファッションで埋め尽くされた表参道の街を、
これでもか!というくらいの違和感を放ちながら彷徨いはじめる。

いまいち自分たちのいる場所も分からなくって、
「あ!クレープ食ってる人が沢山いるから、竹下通りじぇね?!」
と、何となくの憶測をたてつつ、
最終的にはbambooという、とても表参道らしい、
雰囲気の良いCAFEに男10人が収まった。

このお店は別の結婚パーティーの会場にもなっていたらしく、
僕らが表の方の席でお茶をしていると、
その別の結婚パーティーの参加者たちが、
次々と本来の会場の入り口に行かずに、勘違いして、
僕らの方に向かってしまうという迷惑な現象を起こしてしまった。
それだけスーツ姿10人の男たちは存在感(違和感?)があった。

結論として、素晴らしい披露宴(一次会)だったし、
素晴らしい二次会でした。
そして1.5次会(CAFE)も面白かった。


nonconcept at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月09日

同級生の金井宣茂君が宇宙飛行士に選抜!

こんにちは。
ニュースです。
色々な側面を持った中川のブログですが、
高校や大学の友人たちも多く見てくれていると言うことで、
同級生たちの会報的な側面もあるのですが、
今日は中学、高校の同級生たちへの速報です。

さきほど、同級生の女友達からメールが来て、
我が母校東邦大学附属中学と
東邦大学付属東邦高校の同級生だった金井君が、
国際宇宙ステーションの長期滞在要する宇宙飛行士候補
に選ばれたというニュースを知りました。
すげえ。
かっけえよ、金井くん。

東邦のみんな、飲み会とかで金井君に会ったら祝福してあげてくれ。
2年間はNASAで修行してから宇宙へいくみたいだけど、
同級生が宇宙に行くなんて考えもしなかったよ。
取り急ぎニュースでした。

人気ブログランキング

nonconcept at 10:13|PermalinkComments(1)