2016年11月11日

シャンソンとクレソン 〜ムッシュへ哀悼を込めて

ハッピーニューライフ東船橋に入居されていたY様の
お通夜に参列してきました。
娘様に了承を得たので、少しお話ししたいと思います。

Y様はシャンソンが好きで、
みんなから「ムッシュ」と呼ばれていました。
ヘルパーや入居者さんからだけでなく、
ほかの入居者のご家族からもムッシュと呼ばれるくらい、
みんなにムッシュと呼ばれていました。
僕もブログの中ではムッシュと呼ばせていただこうと思います。

ムッシュはとても紳士的でやさしい、
怒った姿が想像できないような穏やかな入居者さんでした。
入居される前に奥様を亡くされ、
とても落ち込まれているころのご入居でした。

ムッシュは現役時代はエンジニアだったのですが、
お持ちのラジオを(音が良くなるからと)分解したり、
ラジオのコードを切ってしまい娘様とヘルパーが
ムッシュに頼まれたケーブルを買いに行ったりと
ムッシュなりにホームでの生活を楽しんでくださって
いたのではと思います。

ご家族のお話によると、
老人ホームやデイサービスなどには絶対にいかないような、
頑固な方だったそうなのですが、
ハッピーニューライフに入居されたときから
とても穏やかで、むしろ社交的な方に思いました。

そんなムッシュの暖かい気持ちを、
ハッピーのスタッフたちも感じ取っており、
できるだけムッシュの気持ちに寄り添うようなケアを
心がけていたと思います。

blog-IMG_0218 (1)
あるとき、食事の付け合わせで、クレソンが出されました。
(写真は参考画像です。ハッピーニューライフ東船橋の食事です。)
ムッシュはクレソンを召し上がらずに、
部屋で育てたいとおっしゃっりました。
私たちのホームには入居者さんには出来るだけ自由にわがままに
暮らしていただくという哲学がありますので、
ヘルパーはごく当たり前のこととして、
お皿に水をくんできて、
部屋の日当たりの良さそうなところに置いて
毎日愛でていたようです。
そのようなエピソードからもムッシュの
穏やかで暖かい日々が想像されるのではと思います。

このエピソードは自分も知らなかったのですが、
毎年行われる家族懇談会で娘様がお話ししてくださって
僕らも知ることになりました。

ムッシュは2ヶ月くらい前から体調を崩され、
船橋市内の入院されていました。
いわゆる看取りですと、それ以上の治療行為がないので、
人生の最後をホームに戻ってきて迎えるということも
出来るのですが、あくまでも治療をされていましたので、
私たちはムッシュの回復と帰宅(ホームへのお戻り)を
祈っていました。

blog-DSC03740
写真は入院中のムッシュにヘルパーや厨房のスタッフが
送った色紙です。
僕はこの色紙の存在はお通夜で、
ムッシュの棺に入れてもらっているのを見るまで
知りませんでした。
色紙はあくまでも職員たちの自主的なもので
もちろん会社が指示したものではありません。
bog-DSC03739
この色紙を見たときに、
あらためてムッシュへのみんなの愛情を感じました。
ムッシュご本人も喜んでくださったこと、
病院内でこの色紙が素敵だと看護師さんのあいだで話題に
なっていたことを娘様から伺いました。

ムッシュは治療のほかに、リハビリもされて、
回復にむかって頑張っておられました。
しかし、本当に急なことでしたが、
発熱をされ、晩秋の朝早くに旅立たれました。

この旅立ちの知らせを受けたのは、
自分が会社の事務所にいるときでした。
なくなられた当日、
病院から葬儀場へムッシュが娘様が向かわれる途中に、
ご自宅とハッピーニューライフ東船橋に
寄ってくださったのです。

実はムッシュは入院された当初から、
「ハッピーに戻りたい。」と
おっしゃっていたそうで、
娘様はムッシュが亡くなられた後でも
ハッピーに戻してあげたいというお気持ちで
寄ってくださったのです。

僕たちはそんなムッシュや娘様のお気持ちに
嬉しくて感動しただけでなく、
介護という仕事の重みのようなものを感じました。

毎年元旦にとびっきりのお酒を用意して、
入居者さんに召し上がっていただいております。
もしかして、もしかしてですが、
このお酒が人生最後になる方もいるかもしれないと思い、
一生懸命おいしい日本酒を手に入れて召し上がっていただいております。
僕たちは一期一会のような気持ちでホームを運営しています。

日本酒がお好きだったというムッシュのお通夜の会場には、
元旦に召し上がっていただいた日本酒と同じ銘柄の
日本酒が備えられていました。

ムッシュの告別式の日は、
ハッピーニューライフ東船橋では
朝から館内のBGMはシャンソンが流され
みんなでムッシュのことをお悔やみしました。



nonconcept at 23:02│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔