2008年03月20日

泉東臣展

3月20日春分の日。
雨。
出かけようと思い、駐車場に行ったら、
コンクリートの上にリトグラフ発見。
いや、これは近所の猫の足跡か。
2008032000

こんな事を考えたのも、
今から泉東臣さんの個展を見に行こうとしていたからかな。
2008032001
会場は、船橋の東武デパート、5階。
3月20日(祝)から26日(水)まで開催中です。

2008032002
こちらが泉東臣(いずみはるおみ)先生。
個展初日と言うことで、会場にいらっしゃいました。
今、日本画の世界で一番注目されている若手画家の一人です。
「芝山のアトリエ」のクライアント夫妻の息子さんでもあります。

2008032003
ご経歴はこちら。
3年先まで個展のスケジュールが決まっているそうです。
すごい。
中川事務所は1年くらい先までしか埋まっていないですよ。
2008032005
「光の詩」という作品。
紫から青へのグラデーションがとても美しいです。
泉東臣さんの画法は少し変わっていて、
何度も絵の具を重ね、乾いたら水で洗い流して、
という風に描いているそうです。
なので日本画なのに、日本画っぽくない、不思議な美しさです。
日本画という範疇には収まっていないのかもしれません。

2008032004
「紫陽花」。
僕は今回はこの作品が一番好きでした。
まだ梅雨には早いけれど、みずみずしい紫陽花を感じました。
個展はまだ始まったばかりでしたが、もう11点が売却済みとのこと。
泉東臣さんの作品が見たい!欲しい!という方はお早めに。

nonconcept at 16:11│Comments(0)TrackBack(0) 芝山のアトリエ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔