2010年06月

2010年06月21日

飽懲倦弛

中学高校と剣道部でお世話になった、というか、
お世話になりすぎて頭が上がらない、顧問のI先生の
退官パーティーが、幕張のホテルマンハッタンで、
盛大に行われました!

170名以上の出席者がおり、まるで、I先生夫妻の
結婚披露宴のようでした。
OBの方の話によると、これでも結構人数を限定して、
案内状を出したのだとのこと。

20100620164555


僕の同期のオーシカやミカミも駆けつけて、
懐かしい会にもなりました。
日本中というか、世界中から卒業生が集まりました。
オーシカは、札幌からでしたが、一つ上の学年のI先輩は、
転勤先の上海から駆けつけていらっしゃいました。
パーティに出席して、すぐに成田から渡米するという後輩もいました。
(オーシカよ、今が旬だという、そのウニを北海道から送ってくれ。)

たくさんの諸先輩方にもお会いすることが出来て、
I先生夫妻のおかげと思っております。
やはりお医者さんや医歯薬系の卒業生が多い感じでしたが、
落語家から銀行マン、商社マン、研究者、弁護士など
多彩な顔ぶれでした。
建築とかデザイン系は少ないようでした。

中1・中2で担任だったハンドボール部のS先生(あだ名は、ゆうさん)や、
中学の時に生物を習ったM先生など、懐かしい顔ぶれも。

今回のパーティを記念して作られた、
I先生のお言葉の手ぬぐいが配られました。
「飽懲倦弛」
飽きず、懲りず、倦ねず、弛まず、という意味です。

あらためてI先生夫妻の偉大さや剣道部40年の歴史の重み、
それと東邦生としての誇りなぞを感じた一日でした。


nonconcept at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 同級生へのホウレンソウ