2009年04月

2009年04月30日

ゆっくりした空間、美味しい時間。

DSCF6648
前々から一度訪れたいと思っていたカワカミさんのお宅に
遊びに行ってきました。
カワカミさんというのは、僕がいつもお世話になっている、
アスカ建築の現場監督さん、カワカミさんです。
カワカミさんのお仕事は、現場監督さんでもあり、
建築家でもあると日頃思っています。

今回は、芝山のアトリエのクラインアントである泉先生との訪問です。
ご自宅は2度ほど改修されているとのことでしたが、
さすが住宅のプロだけあって随所にアイデアやセンスの良さが
散りばめられており、インテリアの好みが一緒の泉先生は、
訪問中つねに感激してらっしゃいました。

DSCF6658
右手前:ブルーベリーとチーズとパイ生地の3重奏。
左手前:枕にしてお昼寝したいと思うくらいフカフカのシフォンケーキ。
奥:新春の風のような爽やかなゼリー。

ゆったりとした時間の流れる内部の様子の掲載は自粛しており、
お見せできないのが残念ですが、
このデザートプレート、すごくないですか?
カワカミさんの奥様手作りのケーキで、
素材の味が引き出されており、ホントに美味しかったです。


奥様はブログを始めたいとのことでしたので、
他にもきっと美味しくて素敵なデザートの数々があるはずです。
はやくブログも見てみたいですね。

カワカミ様、この度はありがとうございました。


nonconcept at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月23日

老人ホームの改修

4月下旬、老人ホームの改修工事を行いました。
ハッピーニューライフ東船橋という老人ホームで、
実はうちの母親が経営する高齢者施設の一つです。
このハッピーニューライフ東船橋は、色々な大学の教授や学生の方々、
ブラジルやネパールからの留学生さんたちも見学に来る人気の施設です。

今回の改修工事は、主に床の張り替えなどでしたが、
現在居住中の老人ホームのリフォームということで、
工事の段取りの手配など慎重に行いました。

DSCF6639
普段は予備になっている食堂に材料を置いています。
今回の床材は強くて抗菌性があり、継ぎ目を溶接するという
特殊な、そしてとても重い!素材でした。
業者の方からは東リは仕切り値が高いので、
他のメーカーのモノをすすめられることが多いですが、
やはり東リのデザインと品質の良さは譲れないところです。

DSCF6643
そんななか食堂の床の張り替えの時が一番大変でした。
予定では、材料のおいてある食堂の方で2回に分けて、
入居されている方たちに昼食を取っていただくはずだったのですが、
お天気が素晴らしく良かったので、
なんと!玄関先で御食事を取られていました。

DSCF6641ブログ
気持ちよさそうです。
奥には大工さんの作業する姿がみえますよね?
ちなみにこの日、僕はといえば、内装屋さんと一緒に、
中華丼を食べに行きました。
しゃしんはとりわすれました。


nonconcept at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月09日

紺屋の白袴なり。

平成21年4月。
今まで7年近く住んでいた船橋という街から、
本八幡という街に引っ越しました。
この辺りは昔、永井荷風が住んでいて、
大黒屋という店でカツ丼を食べたりしていた街です。

船橋というのは千葉県船橋市なのですが、
本八幡というのは、千葉県市川市です。
地元の言い方で言えば、
「フナバシからヤワタへ引っ越した。」
となります。

この市川市というのは、僕が中学生くらいまで住んでいた街であり、
まあ馴染みの土地です。
ですので引っ越してきて、すこし気持ちがリラックスできているような気がします。
家の近くにはドルチアという老舗のケーキ屋さんがあり、モンブランが有名です。

住まい(兼事務所)は、某不動産会社の分譲マンションです。
設計士としては、自分で設計した住宅に住みたいという気持ちもあるのですが、
まだ独身であることが、マンション住まいへと導いた感じです。
紺屋の白袴なわけです。

それと一建築士としまして、
マンションの設備や仕様も勉強したいという気持ちもありました。
マンションの設備や収納というのは、デザイン的にはキレ味が悪くても、
何気に、かゆいところに手が届く設計になっており、
「これは舐めてたら殺られる。。。」と常々感じていたので、
この際実際に住んでみて少しマンションという「商品」を
研究してみようと思うに至ったわけであります。

まあその辺は追々書いてみようと思います。





nonconcept at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)