2008年07月

2008年07月31日

芝山のアトリエ 第2期工事「ほぼ」完了

「芝山のアトリエ」の第2期工事がほぼ完了しました。
ほぼ、というのは、2,3点ほど修理というか調整などがあるけれども、
工事全体としては終了していて、クリーニングも終わった、の意です。

DSC_0115
アトリエ兼ギャラリーです。
これ分かるかな?
建具の後ろは収納棚になっていて、
建具の上部にはピクチャーレールが埋め込んであります。
ギャラリー的に使うモードでは、建具を写真のように全部閉めて、
アトリエモードとか、他のモードの時には建具を開けて使います。

改修前、ここは床の間のある本格的な和室でした。
今は、跡形もなくギャラリーのようになっています。
クライアントの息子さんである泉東臣画伯の作品が
展示されている状態を早く拝見したいです。

DSC_0098
今回のリノベーション(改修)では、
洗面所や、

DSC_0103
トイレも新しくなっています。

DSC_0107
中川事務所では、このようにカウンターなどは、
既製品をはめ込むのではなく、デュポンコーリアンという人工大理石をデザインし、特注で作ってもらっています。
ですので、改修であっても、建築と設備器具のあいだに隙間とか無く、
カウンターとして美しく納まってくれます。

DSC_0123
スパ(浴室)の入り口と廊下との関係が分かる写真。

DSC_0127
なんと言っても、この森に面したスパ的なお風呂は気持ちいいです。
この芝山という場所は、船橋市にあるのですが、
同じ船橋市でも、僕の事務所の辺りと比べものにならないくらいの
自然が広がっています。
実際に、網戸を開けていると、
いろいろな生き物が侵入してくるそうです。

8月か9月にお披露目会を開催されるということですので、
その時は画伯の作品と一緒にご紹介できればと思います。

明日は、山梨の週末住宅の現場です。
工務店から、お客様への引き渡しです。
高速道路、混んでるのでしょうか。
早く寝ます。



nonconcept at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝山のアトリエ 

2008年07月20日

ユニットバスで諦めていませんか?

タイル屋さんに聞くところによると、
ここ10年くらいの傾向として、
一戸建てでもマンションでもユニットバスの施工が多いそうです。

昔ながらというか、ユニットではなくて、
壁や床を作っていく施工方法を「在来」と言いますが、
この「在来」の浴室がとても少なくなってきていると言うんです。

その理由は、ユニットバスの方が施工するのに無難で、
設計者や施工者にとってリスクが少ないからです。
しかし住まい手、クライアントにとってユニットバスが
最適な空間になるとは限りません。
ユニットバスでは、イヤだ、わたしの心は満たされない!という方は、
ぜひ「在来」のやり方で、建築を作っていただきたいです。
ユニットバスを設置するというのは、
建築を「作る」というよりかは、
カタログショッピングで「選ぶ」という感じです。
物作りという意味では寂しくなります。


「芝山のアトリエ」の浴室はわゆる「在来」です。
ほぼ完成してきました。
これは工事中の写真↓
DSCF6134


これが、ほぼ完成した写真↓
DSC_0075
ガラスタイルは光に乱反射して独特の風合いを見せます。
クライアントの方々が一人一人違うように、
その建築空間も一つ一つ違っていてほしいな、と、
一つ一つ違う方向に乱反射するガラスタイルを見ながら思いました。


nonconcept at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝山のアトリエ 

2008年07月01日

工事監理と渓谷と私

DSCF6010
山梨の週末住宅の工事は大詰めです。
外装工事の直前という時期。

DSCF6148
内装はだいぶ終わってきています。
写真は、2階のアネックス部分のもの。
この住宅はメインの棟とサブのとうに分かれていて、
2階部分でつながっています。←アネックス部分。

つながっていると言えば、道路ですね。←無理矢理。
マイカー規制があるので、途中でバスに乗り換えて、
ある渓谷に行ってみました。

DSCF6152
山梨から少し足を伸ばして上高地へ。
考えてみれば6月は全然休めずに仕事をしていたな。


DSCF6154
空気が美味しいと、頭も身体もスッキリします。
川の水がホントに綺麗で、疲れすぎてあの世に来たんじゃないかと。
ていうか、あの世でもイイんじゃないかと。

DSCF6163
河童橋から、明神池まで散策。
やんわりと山道だったりするので、
足下には注意しながらも、まったりと風景に見とれます。

DSCF6168
とはいうものの、やはり建築のことをいつも考えてしまうのです。
上高地のような国立公園の中では、
建築物のデザインに規制があります。
何だと思いますか?

DSCF6169
屋根なんです。
国立公園内の屋根は、原則、切妻屋根という屋根なんです。
切妻というのはシンプルな山型の三角屋根のことです。
何気に怖いくらい、こういう公園内の建物は切妻ですからね。
容赦なく切妻ですからね。

尾瀬とか阿蘇とかいろんな国立公園があるかと思いますが、
ぜひチェックしてほしいです。
個人的には切妻でなくてもいいんじゃないかと思っております。




nonconcept at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山梨の週末住宅